ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JRを一筆書きして140円で1,000キロ乗る方法

たった140円で1,000キロ以上も電車に乗り続ける方法があります。それがJRの一筆書き大回りの旅。キップの有効期限は1日ですが、大晦日は終夜運転が行われるため、12月31日付けの切符は1月1日の最終列車まで有効になるのです。140円キップで1,039.2キロの最長の旅が楽しめます。



スポンサーリンク
JRを一筆書きして140円で1,000キロ乗る

東京近郊区間のJRで一筆書き

大都市近郊区間の運賃は、最短経路で計算されるという“一筆書き大回りの旅”は、路線の多い東京近郊区間でこそフル活用できます。

ただし、キップの有効期限は1日。始発列車から最終列車までなので、最長距離を乗ることはできません。

しかし、大晦日は終夜運転が行われるので、最終列車が存在しません。12月31日付のキップは1月1日の最終列車まで有効になります。なんと40時間以上も列車に乗り続けることが可能になるのです。

JR東日本から乗り鉄へのお年玉

これを活用すると、常磐線の北小金~馬橋駅の140円キップで1,039.2キロの最長の旅が楽しめます!

常磐線の新松戸駅を避けながら、北小金~馬橋駅間2.9キロをひたすら一筆書きで大回り。これはまさに、JR東日本から乗り鉄へのお年玉といえるかもしれません。

これが140円キップで1,000キロ以上も乗り続けられる方法。40時間も旅ができるのです。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

■「JR」おすすめ記事
JRきっぷのキャンセル料をタダにする方法!
JR西日本のお得な切符「夏の関西1デイパス」
JRで途中下車の旅をお得に楽しむ方法とは?
JRの往復割引なら10%オフで切符が買える
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事