ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JRの往復割引なら10%オフで切符が買える

遠くの駅まで切符を買うと逆に安くなることがあります。それがJRの往復割引を利用したお得な切符の買い方。600キロを超えると乗車運賃が1割引きになります。ただし、この往復割引には思わぬ落とし穴があることも…。詳しいテクニックを見ていきましょう。


JRの往復割引なら10%オフ

JRの往復割引を受けたほうがお得

JRの運賃は営業キロ数で計算され、600キロを超える切符を往復で購入すると、乗車運賃が往復それぞれ1割引きになります。それが往復割引乗車券です。601~640kmの乗車券は9,610円ですから、最低でも970円×2=1,940円の値引きを通年受けられるので、往復割引は積極的に利用しましょう。ただし、特急料金は割引きにはなりません。

そして、この割引き制度を利用するために、目的の駅が600キロにわずかに満たない場合は、あえて600キロを超える駅までの切符を、乗車しないのにもかかわらず購入して往復割引を受けたほうがお得になることがあるのです。

新幹線の東京~新大阪駅間は552.6キロで、運賃は28,280円。これでは、往復割引きの恩恵が受けられません。

そこで、新大阪駅から先の兵庫県明石市にある朝霧駅(605.5キロ)までの乗車券を購入して、往復割引きの1割引きを適用させます。これにより往復の切符代は28,060円になり、正規運賃よりも220円安くなるのです。

JRの往復割引で10%オフで切符を買う方法

JRの往復割引のポイントとは?

ここで600キロを超える最初の駅は垂水駅ですが、兵庫県神戸市内にあるので、特定都区市内制度が適用され、営業キロ数は神戸駅の589.5キロとして計算されます。このため、明石市内にある朝霧駅にするのがポイントです。

実際の駅名で見てみると、東京駅から599.7キロが塩屋駅、602.6キロが垂水駅、604.6キロが舞子駅、そして605.5キロが朝霧駅。ただし、塩屋駅から舞子駅までは神戸市内のため、特定都区市内制度で神戸駅の営業キロ数で計算されてしまいます。

そこで、特定都区市内制度が適用されない明石市に入った最初の駅である朝霧駅にしているというわけです。


JRの往復割引は乗車しなくてもお得

ほかにも、JRの往復割引にはこんな活用例もあります。新幹線で東京駅から岡山駅を経由して、瀬戸大橋線の児島駅まで帰省する時。往路は東京~児島駅のキップを購入します。ここで、復路は家族に岡山駅までクルマで送ってもらう時、岡山~東京駅のキップを購入すると、往路と復路が同一区間ではないため、往復割引が受けられません。

そこで実際には乗車しない、復路の児島~岡山駅を含めた児島~東京駅のキップを出発前に購入して、往復割引を適用。乗らない区間の運賃を余計に支払うことになりますが、割引額の方が大きいので、結果的に安く乗車できるのです。

具体的には、通常なら往路の東京~児島駅が16,620円(乗車券10,800円/新幹線自由席5,820円)と、復路の岡山~東京駅16,300円(乗車券10,480円/新幹線自由席5,820円)で合計32,920円となるはずです。

しかし、東京~児島駅の往復割引を適用すると復路の児島~岡山駅を乗車しなくても、往路の乗車券の10,800円が1割引きの9,720円で1,080円お得、復路の乗車券も9,720円なので760円お得。合せて1,840円も安くなるのでした。

JR往復割引は乗らなくてもキップが1割引きになる

■「JR」おすすめ記事
JRきっぷのキャンセル料をタダにする方法!
JR西日本のお得な切符「夏の関西1デイパス」
JRで途中下車の旅をお得に楽しむ方法とは?
JRを一筆書きして140円で1,000キロ乗る方法
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事