ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

GIMPの鉄道写真が美しく仕上がる使い方とは?

鉄道写真は、場所や天候などの環境に左右されます。また、発車回数の少ないレア車両などは撮影チャンス一発なんてこともあり、すべてが納得いく仕上がりになるとは限りません。そんな時は無料の画像編集ソフト「GIMP」のうまい使い方で、作品のクオリティをアップさせましょう。



スポンサーリンク
GIMPの鉄道写真が美しく仕上がる使い方

GIMPの使い方で覚えておきたい機能

GIMPの使い方で覚えておきたいのが「resynthesizer」です。PhotoshopCS5で脚光を浴びた「コンテンツに応じた修正」機能。写真の中の不要物を違和感なく消し去れます。

Photoshopのフリー版ともいわれるGIMPではプラグインを導入することで、この機能と同等の機能を追加可能です。PCにGIMPをインストール後、Resynthesizerのサイト内のDownloadから「Compiled Windows version:resynthesizer-for-Windows-0.13b.zip」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍して展開。すると、フォルダ2個「lib」と「share」の2つのフォルダが出現します。「lib」内のファイルをGIMPフォルダの同名ファイルの中に格納。プラグインを移動したら、GIMPを起動すればOKです。

GIMPの使い方の詳しい手順

GIMPの「resynthesizer」の使い方

GIMPの「resynthesizer」の使い方は、まず選択ツールを用いてターゲットの範囲を指定。ファジー選択を利用して、ターゲットとなる部分を細かく部分選択していきます。

Shiftキーを押しながら対象物をクリックすると選択範囲が加算されていき、まとめて消去可能です。範囲指定が完了したら「フィルター」→「マップ」→「resynthesizer」を選択。画像が自動処理され、不要物がキレイに消えます。

つなぎ目の部分などに違和感が残った場合は、ぼかしツールで処理。違和感ない仕上がりになるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。

■「鉄道写真」おすすめ記事
撮り鉄に学ぶ美しい鉄道写真を撮るポイント4つ
鉄道写真をカーブと直線で撮影するテクニック

■「GIMP使い方」おすすめ記事
GIMPの使い方は6つの補正機能が基本中の基本
GIMPの使い方は大量のフィルター追加からが基本
GIMPで写真を合成しておもしろ画像を作成する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事