ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ドローン

人気の多機能ドローン「DJI Spark」何がスゴイ?

数千円~1万円台モデルでも十分に遊べるトイドローン。ひと昔前に比べると安定した飛行や撮影が可能になっています。しかし、映像作品を撮影したり、思い出を映像に残したりといった用途で使おうとした場合[…続きを読む]

初心者向け遊べる個性派トイドローン5モデル

ひと昔前のトイドローンといえば、離陸した途端に壁や天井に激突して破損…初フライトでゴミ箱行きなんてことも少なくありませんでした。しかし、最近のモデルは安定性や操作性が劇的に向上し、ド素人が操縦[…続きを読む]

法規制対象「200g以上ドローン」を飛ばすには?

ドローンの機体が大きくなり200g以上となると、搭載するカメラも大きく画質が向上します。ただし、ドローン規制法の対象は「200g以上のドローン(無人航空機に該当)を飛ばす時」「飛行が禁止されて[…続きを読む]

1万円以下で機能充実の折りたたみ式トイドローン

測量・物流・セキュリティ・施設管理など、空撮に限らずあらゆるシーンで活躍が目立つドローン。技術の進歩は、確実にホビーユースのドローンも恩恵を受けているようです。試しに1万円前後の売れ筋ドローン[…続きを読む]

5千円以下で楽しめる格安トイドローンの性能

かつてのトイドローンといえば、上昇した途端に天井や壁に激突することもしばしば。いまやそれがウソのように、ボタン1つで一定の場所にホバリングし、そこから確実に思った方向へ空間を移動できます。そこ[…続きを読む]

1万5千円以下で買える安定性抜群のトイドローン

ドローン規制法の対象外となる200g未満のトイドローン。名称こそ「トイ(玩具)」ですが、性能は既にオモチャの枠を超えています。ボタン1つで一定の場所にホバリングし、そこから確実に思った方向へ空[…続きを読む]



規正法の対象外になる「トイドローン」とは?

ドローンを始めたいと思った時、「飛ばせる場所はある?」「免許は必要?」などさまざまな疑問が出てくるはず。ドローン規制法が施行された2015年末は、管轄する国交省側が打ち出すガイドラインも手探り[…続きを読む]

魚群探知機を搭載できる水中ドローン最新モデル

水面を自由自在に航行し、搭載する4Kカメラでリアルタイムに水上と水中の映像をモニタリングできる水上ドローン。その最新モデルが「PowerDolphinウィザード」です。高性能な魚群探知機を搭載[…続きを読む]

低価格ドローンをステルス仕様にして隠密撮影

1万円を切る価格で購入できる低価格ドローンをオールブラックに塗装して、ステルス仕様に改造してみました。加えて赤外線カメラを搭載することで、夜間での撮影にも対応できます。じつは低価格ドローンは構[…続きを読む]

低価格ドローンをカーボン仕様にして安定性UP

1万円以下の低価格ドローンは機体が軽い分、ちょっとの風などであおられバランスを失ってしまいます。そこで、低価格ドローンでも安定飛行をするためにボディの強化を図りましょう。カーボン仕様にすると安[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]