ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

規正法の対象外になる「トイドローン」とは?

ドローンを始めたいと思った時、「飛ばせる場所はある?」「免許は必要?」などさまざまな疑問が出てくるはず。ドローン規制法が施行された2015年末は、管轄する国交省側が打ち出すガイドラインも手探り状態でしたが、最近はかなりルールが明確になり、以前よりもドローンを始めやすくなっています。


規正法の対象外になる「トイドローン」とは?

200g未満トイドローンは規制の対象外

ドローン規制法の対象は、「200g以上のドローン(無人航空機に該当)を飛ばす時」「飛行が禁止されている空域の飛行」「許可が必要な飛行方法をする時」の3パターンです。

規制の対象外である屋内での飛行や、人口密集地区外(私有地上空はNG)の日中の飛行で、200g未満のドローンなら、買ってその日に飛ばすことも可能です。ただし、空撮で絵になるシーンを撮影したい場合、規制にかかる飛行になることが多いのも事実。その際に必要なのは免許ではなく、管轄の航空局の許可・承認です。

最近注目を集める200g未満のトイドローンは、ドローン規制法の対象外。価格も安いので入門用に最適です。ただ、思った以上に飛ぶものの、風に流されやすのが弱点。GPSによるホーム帰還機能も無く紛失しやすいため、基本的な練習は室内で行いましょう。

スマホの画面で操作できるトイドローンもありますが、正確な操作が難しく、今後のステップアップも考えてプロポが使える「Tello」やPallotの「MAMBO」がオススメです。

トイドローンは水上を避けた方が無難

ドローン規制法の対象外とはいえ、トイドローンでも飛ばしてはいけない場所があります。重要施設・空港の周辺・道路上などは当然として、人が多い場合も避けること。飛行禁止の公園も急増しているので、下調べは必須でしょう。

トイドローンでも飛行NGなのは「皇居や大使館など重要施設周辺」「空港付近(※ドローン規制法でなく、航空法に引っかかる)」「自治体がドローンを禁止してい
る公園」「許可のない私有地」です。電波が弱く、電池も持たないため、川や池など水上も避けた方が無難でしょう。

最近はさらに小型のマイクロドローンというものが登場し、虫の目線で動画が撮影できるようになりました。ただ、5.8GHz帯の電波を使うタイプが主流で、無線局の開局や技適の取れているプロポが必要と、初めてのドローンとしてはややハードルが高そうです。(文/小林哲朗)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事