ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

人気の多機能ドローン「DJI Spark」何がスゴイ?

数千円~1万円台モデルでも十分に遊べるトイドローン。ひと昔前に比べると安定した飛行や撮影が可能になっています。しかし、映像作品を撮影したり、思い出を映像に残したりといった用途で使おうとした場合、「カメラの性能がいま一つ…」というのが正直なところでしょう。そこで、候補になるのが「DJI SPARK」です。


人気の多機能ドローン「DJI Spark」何がスゴイ?

DJI SPARKは風速を考慮して飛行する

「DJI SPARK」は200gをオーバーし、価格は5万円台になりますが、「セルフィードローン」という名の通りフルHD画質の動画撮影に対応し、さまざまな飛行・撮影モードを搭載します。さっそく、その実力をチェックしてみましょう。

「DJI SPARK」は、GPSや各種センサーによって安定した飛行を実現。強風の中でもホバリングはもちろん、最高50km/hでの飛行が可能です。ワンボタンで離着陸できる上、スマホや送信機を使った操縦も非常に簡単。従来のドローンを知っている人なら物足りなさを感じる程の安定感です。

付属の送信機もありますが、専用スマホアプリ「DJI GO4」で十分に操作可能。離陸ボタンをタップすれば、すぐに飛び立ちます。風速を考慮して飛行するため風に流されることなく、無風状態で飛んでいるような操作感です。

DJI SPARKは定番アングルを自動化

一般的なトイドローンはカメラの角度を変えられませんが、「DJI Spark」は下方向にアングルの変更が可能。空撮らしい高さのある映像が撮影できます。10万円超の上位モデル「Phantom」シリーズに近い機能を、5万円台という価格で体験できるのはお買い得といえるでしょう。

カメラを下向きに上昇しながら撮影する「ロケット」、被写体を捕らえたまま斜め上に上昇する「Donie」、被写体の周囲を旋回しながら撮影する「サークル」、被写体を中心に旋回しながら上昇する「螺旋」など定番アングルが完全自動化されているのです。

また、画像認識により、離着陸や機体の移動、写真撮影といった操作がコントローラを使わずに行えます。人や動物などの被写体を自動認識し、歩いたり走ったりといった動きに合わせて追尾撮影するのです。


DJI SPARKは1回の充電で約16分飛行

サイズ/重さは143W×55H×143Dmm/300g、最大飛行時間は約16分。動作環境温度は0~40度です。衛星測位システムはGPS(GLONASS)で、限界高度(海抜)は4,000m。カメラセンサーは1/2.3インチCMOSセンサーで、動画解像度は1920×1080ドット(30fps)、静止画サイズは最大3968×2976ドットとなっています。

Wi-Fi最大伝送距離は距離で約100m、高度で約50mです。同梱品は送信機、バッテリー、プロペラ(ペア3セット)、USB充電器。実勢価格は54,800円です。

飛行時間は1回の充電で約16分。屋外でじっくり撮影したいなら、交換バッテリーは必須でしょう。「Spark Fly Moreコンボ」は、通常のセット内容に加え、交換バッテリー・充電ハブ・プロペラガードなどが同梱するお得なセット。実勢価格は72,800円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。