ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

5千円以下で楽しめる格安トイドローンの性能

かつてのトイドローンといえば、上昇した途端に天井や壁に激突することもしばしば。いまやそれがウソのように、ボタン1つで一定の場所にホバリングし、そこから確実に思った方向へ空間を移動できます。そこで、5千円以下で楽しめる超格安トイドローンの入門モデルの性能を見ていきましょう。


5千円以下で楽しめる格安トイドローンの性能

中国の格安トイドローンは贅沢な仕様

Potensicという中国メーカーの格安トイドローンが「A20W」。実勢価格が4,948円と、5千円を切る低価格モデルながら、送信機とカメラまで付く贅沢な仕様です。

気圧センサー搭載で離着陸はワンボタンですが、30g以下のため風の影響を受けやすく操作はかなりシビア。屋外で安定して飛ばすには、それなりの操縦テクニックが必要になります。室内で遊ぶのがベターかもしれません。

A20Wの操作可能な距離は最大15m。高度は出ますが、風に流されると操作不能になってしまうのが難点です。屋内での練習用であれば問題ないでしょう。操作に慣れれば安定した飛行も可能になります。

トイドローンからリアルタイム映像

専用アプリ「Potensic」からトイドローンからの映像がリアルタイムでモニタリングできます。正直解像度は物足りませんが、価格を考えれば納得できるところ。速度調整やスマホ装着型VRゴーグルを使った操縦にも対応するなど、意外に高機能なトイドローンです。

電源は180mAhのリチウムポリマー電池。スペックに記載はありませんが、動画・静止画とも640×480ドットでした。トイドローンのスイッチを入れて、スマホとWi-Fi接続して操作します。

サイズ/重さは90W×32H×80Dmm/25.8g、最大飛行時間は5~6分で、充電時間は40分。Wi-Fi最大伝送距離は10~15mで、同梱品はミニ送信機、USBバッテリー充電コード、プロペラ、取扱説明書(日本語)、携帯ホルダー、ネジドライバーとなっています。

■「ドローン」おすすめ記事
ドローン価格が9千円!200万画素カメラを搭載
クアトロックスアイは掌サイズのお手軽ドローン
ドローンとは自律移動する無人操縦機のこと
ドローン規制は飛行性能で免許導入もありえる
ドローン関連ニュースここ1年を振り返ってみる
ドローン空撮!プロの機材と操縦テクニックとは
プロ仕様ドローン空撮は安定飛行と絶妙アングル
X5C EXPLORERSは1万円以下のエントリーモデル
Bebop Droneは本格的な空撮が楽しめる上級機
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事