ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円以下で機能充実の折りたたみ式トイドローン

測量・物流・セキュリティ・施設管理など、空撮に限らずあらゆるシーンで活躍が目立つドローン。技術の進歩は、確実にホビーユースのドローンも恩恵を受けているようです。試しに1万円前後の売れ筋ドローンを飛ばしてみれば、一目瞭然です。そこで、1万円以下で買える機能充実の折りたたみ式トイドローンを紹介しましょう。


1万円以下で機能充実の折りたたみ式トイドローン

トイドローン「HS160」はお買い得品

Holy Stoneのトイドローン「HS160」は、プロポと予備バッテリー2個がセットになっている、お買い得品。しかも中級機のように、前が白色、後が赤色のLEDが点滅するので前後の区別がしやすいのが特徴です。

プロペラアームを折りたたんで収納でき(壁にぶつかっても衝撃を吸収する)、持ち運びやすいのも好印象。4つのスピードモードやスマホのジャイロセンサーを利用したモーションコントロールなど、多機能ぶりも目を見張ります。

ただし、気圧センサーで高度は維持しやすいものの、見た目の割にかなり軽く、幅広のボディは上下方向からの風の影響を受けやすいせいか、一定の場所に留まるのが苦手のようです。

HS160の操作は最初にペアリングする

レンズは暗めでブレ補正機能もないのか、動画・静止画ともかなり粗い印象。特に動きが激しい動画は、ブロックノイズも多く出てしまいました。画質はやや暗めで、動画はHDですが粗くなりがちです。

HS160のドローン操作は最初に、機体とプロポを同じ方向に向けてペアリングします。機体はプロポの向きを記憶するため、ヘッドレスモードにすると機体の向きに関係なくいつでもプロポを基準に前後左右にドローンを操縦可能です。

サイズ/重さは140W×155H×30Dmm/63.8gで、飛行時間は6~8分、充電時間は50~70分です。動画は1280×720ドット/25fpsで、動画形式はAVI、静止画は1920×1080ドットとなっています。

Wi-Fi最大伝送距離は30m、同梱品はプロポ、バッテリー×2、USBケーブル×2本、予備プロペラ×4本、ドライバー、インナーバッグ、取扱説明書(日本語)。実勢価格は7,920円です。

■「ドローン」おすすめ記事
ドローン価格が9千円!200万画素カメラを搭載
クアトロックスアイは掌サイズのお手軽ドローン
ドローンとは自律移動する無人操縦機のこと
ドローン規制は飛行性能で免許導入もありえる
ドローン関連ニュースここ1年を振り返ってみる
ドローン空撮!プロの機材と操縦テクニックとは
プロ仕様ドローン空撮は安定飛行と絶妙アングル
X5C EXPLORERSは1万円以下のエントリーモデル
Bebop Droneは本格的な空撮が楽しめる上級機
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事