ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

イタチごっこ化するメルカリの「カード現金化」

経済的に行き詰まった人々が手を出すのが「カード現金化」。ひと昔前は、新幹線のチケットをクレジットカードで購入して、それを売って現金化する手口などが有名でした。そして今、カード現金化が行われているのがメルカリなどのフリマサイト。イタチごっこ化するカード現金化の手口を見ていきましょう。


スポンサーリンク
イタチごっこ化するメルカリの「カード現金化」

カード現金化の舞台がフリマサイト

最近では、カード現金化の舞台がフリマサイトに移行しています。まずは2017年4月に、フリマアプリで現金が売買される事件が発生。紙幣を額面以上の価格で出品し、落札者はそれをカードで支払うのです。

中には1万円札20枚を24万円で出品するケースもありました。これを受けて、フリマアプリの運営側は24時間体制で出品物をチェックし、現金の売買を見つけ次第削除するようになります。

それに対抗するように出てきたのが、紙幣を魚の折り紙にして出品するという手口。「お金ではなく折り紙を出品している」という言い分なのですが、こちらもあえなく対策されるようになりました。

カード現金化にチャージ済みSuica

このため、次に登場したカード現金化がチャージ済みSuicaの出品。Suicaは払い戻しができるため、手元に届き次第、すぐに払い戻しをして現金を入手するという手口です。もちろん、すぐに監視対象となりました。

さらに登場するのがSuicaのチャージ枠販売です。空のSuicaを出品し、落札後に希望チャージ額をチャージして渡すというもの。最近では、チャージ無しSuicaだけでなく、代理購入をうたった出品なども増えています。

そして、2017年11月には初の逮捕者が出ました。メルカリで現金を販売したと見せかけ、貸し付けをしていた男が出資法違反で逮捕されたのです。なんと合計25万円を31万円で販売し、その差額である6万円を利息として搾取。法定利率の4.4~6.4倍に当たるほどの利息でした。

■「メルカリ転売」おすすめ記事
Amazon定期便で仕入れメルカリでバラ売り転売

■「メルカリ」おすすめ記事
トラブルが急増するメルカリ詐欺3つの手口とは

■「転売」おすすめ記事
転売の販売先は手数料で選ぶとAmazonかヤフオク
転売ヤー「空売り」は出費も在庫もゼロで儲かる
転売で欠かせない価格調査ツールで相場を調べる
転売するなら月額無料のフリマアプリが狙い目
転売なら一番簡単に利益が出る家電アウトレット
加熱式タバコ「アイコス」を確実に入手して転売

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事