ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ラズパイで電源ケーブルの流用は失敗の可能性大

高性能マイコンボード「ラズパイ」を使えばオリジナル監視カメラなど、ちょっと危ない電子工作を楽しむことができます。とはいえ、ラズパイにはケーブル類が付属しません。まずはラズパイに必要な部品を見ていきましょう。特に注意すべきは、電源ケーブルとmicroSDカードなのでした。


スポンサーリンク
ラズパイで電源ケーブルの流用は失敗の可能性大

ラズパイにはケーブルが付属しない

ラズパイにはさまざまなモデルがありますが、最も入手しやすいのは「Raspberry Pi 3 ModelB」です。Amazonなどの通販サイト、東京・秋葉原の秋月電子通商、千石電商、マルツといったパーツショップで購入できます。

日本製とelement14製がありますが、大きな違いはないので安価なelement14製でよいでしょう。実勢価格は4,640円~となっています。

ただし、ラズパイにはケーブルなどが一切付属していないため、それらを用意する必要があります。手持ちのものでも問題ないのですが、電源ケーブルとmicroSDカードは相性がシビアなので、定番製品の購入をオススメします。

特に電源ケーブルは、流用すると失敗の可能性大。大半のUSB電源アダプタは1A程度しかないため、5V/2.5Aを推奨するラズパイには向いていません。再現性のないバグに悩まされることになるため、ラズパイ向けの電源を購入するのがベターです。

ラズパイ専用の電源ケーブルセット

電源ケーブルは「Raspberry Pi用電源セット」。ラズパイ専用に作られた、大容量の電源ケーブルセットです。Pi2用とPi3用が用意されています。実勢価格は1,580円です。microSDカードは「microSDHC 16GB Class10 UHS-I」。OSやプログラムを保存するために、8GB以上のmicroSDカードが必要になります。

そのほかに必要なものとしては、HDMI対応ディスプレイ、HDMIケーブル、USBマウス、USBキーボード、microSDカードリーダーです。

なお、ラズパイと周辺機器を同封したセットを購入するのもアリでしょう。「ABOX Raspberry Pie Model Bボード&専用ケースセット」は、Amazonで実勢価格9,980円で販売されています。

■「ラズパイ」おすすめ記事
オリジナル監視カメラも作れる「ラズパイ」とは

■「電子工作」おすすめ記事
電子工作のプロが愛用するおすすめの工具セット
電子工作マニア支持率No.1通販は秋月電子通商
半田ごてがUSBで使えると屋外でも修理できる
秋葉原ラジオセンターの両隣にある建物は?
ラジオセンター2Fにはマニアックなお店が並ぶ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事