ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

メルカリにありがちな購入トラブルとその対処法

「メルカリ」の基本スタンスは、取引のトラブルは当事者同士でやり取りして解決するというもの。余程のことがない限り、事務局に連絡しても対応してくれません。そこで、ここではメルカリで商品購入時に起こりやすいありがちトラブルと、その対処法をまとめて紹介しましょう。


メルカリにありがちな購入トラブルとその対処法

メルカリの送料込みの着払いトラブル

まずは「購入したんだけど取引をキャンセルしたい!」という時。出品者に連絡してキャンセル手続きしてもらいましょう。商品ページ下部にある「取引画面へ」から、取引画面を開いてキャンセルしたい旨を記載し、出品者に取引メッセージを送付。商品発送前なら出品者が取引をキャンセルしてくれます。

続いて「商品が着払いで届いた」というトラブルです。送料込みの商品にもかかわらず、商品が着払いで届いた場合は受け取りを拒否。そして受け取り拒否した旨を出品者に連絡し、元払いで再度発送するように依頼します。

「届いた商品が説明と違う」というトラブルはありがち。届いた商品に不備がある場合は受け取り評価をせずに出品者に連絡し、交換や返金対応してもらえないか交渉します。また、コピー品が届いた場合は犯罪の可能性があるので、事務局に連絡しておきましょう。

メルカリで発送されないトラブル事例

さらには「商品が発送されない」というトラブル事例。支払いをしたのに商品が発送されず、出品者に連絡をしても返事がないというケースです。そんな時は事務局に連絡すれば、取引をキャンセルしてもらえます。

「即購入禁止商品を即購入してしまった」というトラブルには、出品者に謝罪して取引続行してもらうのが基本スタンス。「即購入禁止」は出品者の独自ルールであり、公式ルールでは問題ないとされています。

しかし、トラブルを避けるためにも、取引メッセージでひと言謝罪をして、そのまま取引を進めてもらうのがよいでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事