ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

勝手に商品が届く「Amazon代引き詐欺」が横行中

Amazonは商品代金の支払いを、クレジットカード・代引き・コンビニ払い・携帯決済・Amazonギフト券払いなどから選べます。そして現在、代引き払いを悪用した「Amazon代引き詐欺」が多数報告されています。「送りつけ詐欺」ともいわれ、2019年から頻発している詐欺の手口を詳しく見ていきましょう。


勝手に商品が届く「Amazon代引き詐欺」が横行中

Amazon代引き詐欺の被害報告が多数

「Amazon代引き詐欺」は、覚えのない商品がAmazonから代引きで届き、事情を知らない家族が支払ってしまうというものです。返金手続きをすると、同額のAmazonギフト券で返ってくるという、何ともやるせない犯罪です(現在は現金での返金にも対応)。

実際、Twitterで「代引き詐欺」で検索してみると、Amazon代引き詐欺の被害報告が多数上がっていることがわかるはず。最近ではマスクの代引き詐欺が増えているようです。覚えのない荷物がAmazonから届いたら要注意でしょう。

また、Amazon代引き詐欺は、受け取り拒否をすると配送業者から送り先に返送されます。しかし、送り先である業者は注文通りに発送しただけなので、返送費用などがかかり、場合によっては大損をするケースもあるのです。

Amazon代引き詐欺はポイントが目的

Amazon代引き詐欺は、第三者が勝手に商品を発注し、誰も得をしないために何のための犯行か分かりづらいものでした。しかしどうやらこれは、Amazonポイント狙いではないかといわれています。

Amazonの代引き払いは支払い後にポイントが付きます。どうやら犯人は、大量に商品を送りつけた後、うっかり支払ってしまった人のポイントを掠め取るのが目的のようです。

間違って代引き払いで代金を払ってしまった時、Amazonから返金されるまでにタイムラグがあります。この時に、発注した犯人にポイントが付与されてしまうことがあるようです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事