ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonやらせレビューが量産される仕組みに遭遇

Amazonで某小型カメラを購入したら、商品の箱の中にギフト券サイズのカードが同封。そこには「無料で2000円のギフトをゲット」の文字が。ちょっと怪しい説明書きの指示に従ってレビューを投稿して出品者に報告してみたら、まさかの返信…。Amazonやらせレビューが量産される仕組みの一部が垣間見られました。


Amazonやらせレビューが量産される仕組みに遭遇

Amazonに正直なレビューで2,000円

Amazonで購入したのは、3,999円の小型カメラ。レビュー数は45件で、評価は3.9。あの深田恭子の写真集『This Is Me』はレビュー数が37件で評価は4.5なので、小型カメラで45件は結構な数字といえるでしょう。

商品の箱に同封されていたカードには、「ギフト券を無料でゲット! 2000円」と書かれており、裏にはギフト券を受け取るための手順が記載されています。

それによると、商品レビューを書いたらそのスクリーンショットを撮って、指定のメールアドレスに送ればいい…というもの。また「正直なレビューを書いて」との一言。その指示に従ってAmazonに“正直に”レビューを書いてみました。

Amazonレビューをスクリーンショット

ということで、星4の評価でレビューを投稿し、スクリーンショットを指定のメールアドレスに送信しました。するとわずか2分後に「レビューの星をもう少しおアップいただけないでしょうか?」という返信が来たのです。

「おアップ」とはまさかの、というか、やはりというか…。説明書きにあった「正直なレビューを書いて」はウソだったのでしょうか。試しに星5に修正して再度メールをしてみました。

すると「問題解決のお手伝いをさせていただきますので注文番号をお知らせください」ときたので注文番号を送ると、2,000円が返金されたのです。3,999円の商品が実質1,999円で購入できたということ。こうやってAmazonやらせレビューが量産されていくわけです。Amazonを利用するには、やらせレビューを見抜く目が必須といえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事