ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

架空請求に使われる「Amazonギフト券詐欺」手口

いまや生活のインフラとなった巨大通販サイト「Amazon」。ユーザーが増えたことで、商品の価値を意図的に上げるヤラセや各種詐欺が横行しています。そして、いま増えいているのがチャージタイプのAmazonギフト券を狙った「ギフト券詐欺」です。Amazonギフト券詐欺について、詳しく見ていきましょう。


架空請求に使われる「Amazonギフト券詐欺」手口

Amazonギフト券を指定するパターン

Amazonでは「代引き詐欺」が多数報告されているほか、チャージタイプのAmazonギフト券を狙った「ギフト券詐欺」も報告されています。高齢者を狙った振り込め詐欺の支払いなどに、Amazonギフト券を指定するパターンが増えているそうです。

Amazonギフト券(カードタイプ)は、コンビニで購入できるAmazonギフト券です。金額は3,000円、5,000円、10000円、20000円のほか、1500~50000円で1円単位で金額を指定できるバリアブルが販売。カードの裏面をスクラッチして出た数字を、Amazonの購入画面で入力して使用します。

Amazonギフト券は、コンビニなどで購入したギフト券の番号さえ分かれば利用でき、現金などへの換金も容易。また、匿名で作ったAmazonアカウントにチャージしてしまえば身元の特定も難しいため、詐欺グループには重宝されているといいます。

料金未納をうたうAmazonギフト券詐欺

そして、最近増加しているのがAmazonプライム・ビデオなどのサービス料金の未納を騙り、SMSで架空請求をする手口です。しかし、AmazonがAmazonギフト券で支払いを求めることはないと公式に発表しています。騙されないように注意しましょう。

具体的なAmazonギフト券詐欺は、SMSで動画サービスの料金未納などとうたい、電話をかけるとギフト券で支払うように要求されるケースが増加中。コンビニでAmazonギフト券を購入してギフト券番号を伝えるよう要求したり、ギフト券裏面の写真をEメールなどで送るよう要求したりするのです。

このほか、架空請求のバリエーションとして「コンテンツ利用料金」「有料サイト閲覧料」や「有料動画の未納料金」といったものも報告されています。さらには、電気代、税金などの未払金や訴訟の取り下げ費用といったパターンもあるようです。

■「詐欺」おすすめ記事
トラブルが急増するメルカリ詐欺3つの手口とは
転売ヤー「空売り」は出費も在庫もゼロで儲かる
ワンクリック詐欺に遭ったらスマホでも無視する
勝手に商品が届く「Amazon代引き詐欺」が横行中
詐欺サイトに騙されない5つのチェックポイント
Amazon偽サイトでありがちなURLの違いとは?
警察のエリートコース「捜査二課」の仕事とは?

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事