ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Fire HD 8にGoogle Playを強制インストールする

AmazonによるAmazonのためのタブレットが、「Fireタブレット」。その中でも1万円切りとあって人気を集めているのが、「Fire HD 8」です。2020年6月に発売された第10世代はフルモデルチェンジされており、CPUは1.3GHzから2.0GHzに、メモリは2GBに増強。microSDカードは最大1TBまで対応できるようになりました。


Fire HD 8にGoogle Playを強制インストールする

Fire HD 8のGoogle Playでアプリ導入

「Fire HD 8」のOSは、独自のFire OSを搭載しているため、標準状態ではGoogle Playは使えず、Amazonアプリストア限定となります。ですが、Fireタブレットの需要が増えたことから、大手アプリの多くはApp StoreとGoogle Playに加えて、Amazonアプリストアにも対応。以前に比べて使い勝手は向上しています。

とはいえ、YouTubeアプリは非対応だったりと、まだまだ発展途上です。「Fire HD 8」のFire OSのベースはAndroidOSのカスタマイズ。そのため、Google Playをインストールすれば、そこからGoogle用アプリの導入が可能です。

Google Playをインストールしておけば、普通のAndroid端末のようにAmazonアプリストアにはないアプリも、Fireタブレットで利用できるようになります。ただし非公式の方法なので、中にはうまく動作しないアプリもある点は留意しておきましょう。

Fire HD 8にGoogle Playを入れる手順

Fire HD 8にGoogle Playを強制インストールする手順としては、APK入手サイトでGoogle PlayのAPKをインストール。ただ、それだけでは起動しないので、Googleアカウントマネージャーや開発者サービスなどのアプリも必要になります。

具体的に必要なAPKアプリは「Google Account Manager 7.1.2」「Google Services Framework 9-4832352」「Google Play services 19.5.68」「Google Play Store 17.3.16-all」の4つ。いずれも無料です。それぞれ、APK入手サイトの「APK Mirror」で入手できます。

Fireタブレットは初期状態ではAPKアプリをインストールできないので、設定の中の「セキュリティとプライバシー」をタップ。「不明ソースからのアプリ」をONにします。続いて、APK Mirrorから4つのアプリをダウンロードしてインストール。必ず、記載順にインストールしてください。

インストール後に、端末を再起動。自分のGoogleアカウントでログインすると、Google Playからアプリがダウンロードできるようになります。これで「Fire HD 8」にGoogleアプリをインストールし放題です。

■「Fire」おすすめ記事
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
FireTVとChromecastはココが大きく違っている
FireTVに非公式アプリを裏コマンドで一発導入

■「Amazon」おすすめ記事
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク
Amazonの定期便は1回限りでも10%オフになる
Amazonの価格変動を知って最安値でお買い物
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?
ヨドバシ.comはAmazonより断然お得だった
Amazon偽サイトでありがちなURLの違いとは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事