ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

動画ダウンロードはブラウザのアドオン型が主流

違法にアップロードされた著作権物の作品は当然NGですが、動画は公開期間が終了なる前に保存しておくのが安全です。動画をダウンロードする方法は、ブラウザにダウンロード機能を追加するアドオン型が主流になっています。主要サイトに対応しているアドオン型のダウンロードツールを見ていきましょう。


動画ダウンロードはブラウザのアドオン型が主流

スムーズに動画ダウンロードできた

ブラウザのアドオンとは、ブラウザに機能を追加するためのソフトウエアのこと。プラグインや拡張機能などと呼ばれることもあります。アドオン型ダウンロードツールは各種ありますが、まず導入すべきは「Video DownloadHelper」でしょう。定番といわれるだけにその安定性(=確実にダウンロードできる)が際立ちました。

動画を再生してブラウザのアイコンを押すとすぐにアップ先を解析。候補が複数表示される場合は、最高画質のMP4ファイルを選んで「Download」をクリックします。これでダウンロードしたファイルが保存される仕組みです。

初期設定ではダウンロードした動画ファイルは「ユーザー」→「自分の名前」→「dwhelper」フォルダ内にあるはず。「YouTube」などのメジャーなサイトの動画は、アップ先を分析してスムーズにダウンロードできました。

独立型ダウンロードツールの機能

「Video DownloadHelper」との相性がイマイチなら、試してみたいのが「Ant Download Manager」です。正確には独立型ダウンロードツールの機能を、ブラウザ上で使えるようにしたソフト。アドオンを追加した後に、ベースソフトを入手して連携させます。

このツールを導入すると、再生中の動画のすぐ上にダウンロードボタンが表示され「↓」を押すと画質を選択可能。動画のURLや名前など詳細が表示されるので、保存先を決めて「Download」をクリックします。

すると、ポップアップでダウンロード状況が表示。ファイルのサイズやダウンロード速度なども分かります。独立型のダウンロードソフトなので、デスクトップ上にアリのアイコンが出現。ダウンロードしたファイルの管理画面となります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事