ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダウンロード動画をDVDやブルーレイに保存する

YouTubeやインスタからダウンロードした動画は、「VLC media player」「MPC-BE」などフリーの再生ソフトを使えばPCでいつでも再生できます。とはいえ、せっかくダウンロードした動画は大画面のテレビで楽しみたいところ。YouTubeの4K・8K動画ならなおさらです。そこで、ダウンロード動画をDVD・ブルーレイ化する方法をそれぞれ解説します。


ダウンロード動画をDVDやブルーレイに保存する

動画ファイルは変換してからDVD保存

動画ダウンロードで保存されたMP4ファイルは、そのままDVD-Rなどにコピーしただけでは、家電のブルーレイレコーダーやDVDプレーヤーでは再生できません。DVD-Video形式に変換してから書き込む必要があります。

そんな変換作業と書き込みを1本で実行できるのが「DVDStyler」です。フリーソフトながらメニューの作成なども可能で、日本語にも対応しています。

なお、ファイル名や保存先が日本語名だと、エラーで失敗することがあります。いくつか試しても解決できない場合、書き込みのメニューで「ISOイメージファイルを作成」を選択。一度ISOイメージを作り、それを「ImgBurn」で書き込んでみましょう。

動画を変換してからブルーレイ保存

ダウンロードした動画をブルーレイ化する場合も同様です。家電のブルーレイレコーダーなどで再生するには、BDMV形式やBDAV形式といった規格に変換した上で保存するのがルール。無料ソフトの場合、すべて1本でというのは難しく、変換用とライティング用のソフト2本を使うのが基本です。

変換用ソフトは「multiAVCHD」あたりが定番ですが、これらを使いこなすのは少々コツがいるので、まずは「DVDFab」の「Blu-ray作成」機能を使って慣れるのがいいでしょう。

DVDFabをインストールして起動。下段の「体験」をクリックすると、メイン画面が現れます。登録などは不要です。上部メニューで「作成」を選び、「Blu-ray作成」に切り替えます。あとはここにMP4ファイルを登録し、開始ボタンを押すだけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事