ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Twitterで裏垢がバレるありがちなパターンとは

TwitterはSNSの中でも匿名性が高いサービスとして知られています。そのため、多くのユーザーが裏アカウント(裏垢)で密かに本音をつぶやいているサービスでもあるのです。しかし、匿名にしていたはずのTwitterの裏垢がリアルな友人や同僚にバレるケースは少なくありません。Twitterの裏垢がバレるありがちなパターンを見ていきます。


Twitterで裏垢がバレるありがちなパターンとは

Twitterの裏垢がバレるのを防ぐ設定

Twitterの裏垢がバレるパターンとして、最も可能性が高いのが「おすすめユーザー」への表示です。Twitterには利用者に近いユーザーや、電話番号やメールアドレスを知っている人を積極的に「おすすめユーザー」として表示する機能があります。

例えば、友人があなたの電話番号やメールアドレスを連絡先に保存してTwitterを利用している場合、友人のおすすめユーザーにあなたの裏垢が表示される可能性があるというわけです。

このため、Twitterの裏垢がバレるのを防ぎたい場合は「おすすめユーザー」に表示されないように、プライバシー設定を変更しておくのが基本です。

Twitterの裏垢作成時もバレる危険

Twitterの裏垢がバレるのを防止するための設定は、Twitterの設定メニューから「プライバシーとセキュリティ」→「見つけやすさと連絡先」を選択。すべての項目をオフにします。

また、すでに連絡先をTwitterに同期してしまっている場合は「すべての連絡先を削除」をタップしてデータを削除。また、裏垢を新規で作成する場合は、作成中に連絡先をアップロードしないように注意しましょう。

実際には「アカウントを作成」で名前と電話番号を登録する際、「プライバシーの設定」で「連絡先をアップロードして同期し、Twitterユーザーが含まれるかチェックする」のチェックを外します。または、アカウント作成後に「連絡先のアップロード」で「今はしない」を選択してください。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事