ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

年齢制限や地域制限のある動画を視聴する方法

YouTubeには年齢制限や地域制限など「視聴制限」がかかった動画が存在します。例えば、年齢制限がかかっている動画は、Googleにログインして年齢確認を済ませなければ視聴できません。しかし、それだと視聴履歴が残っていろいろ面倒です。YouTubeで動画の視聴制限をすり抜ける方法を紹介しましょう。


年齢制限や地域制限のある動画を視聴する方法

YouTubeの年齢制限はURLを少し変える

YouTubeで年齢制限がかかっている動画は、Googleにログインして年齢確認を済ませなければ視聴できません。そんな時は、URLの「youtube.com」の直前に「nsfw」と入力してみましょう。「NSFW YouTube」というサービス経由で動画が再生され、年齢制限がスキップされます。

年齢制限がかかった動画を開き、URLバーを選択。そして、URLの「youtube.com」の直前に、「nsfw」と入力すると視聴できるようになるのです。

YouTubeには、投稿者によって公開地域(配信国)を指定された動画があります。地域による視聴制限は、許可された地域にアクセス元を偽装することで見られるようになります。その方法は、定番のVPNソフト「SoftEther VPN」を利用すれば簡単です。

YouTubeの視聴制限された動画が再生

Windowsで利用する場合は「SoftEther VPN」サイトから「SoftEther VPN Client +VPN Gate Client Plug-in」をダウンロードして、インストール。SoftEtherVPNを起動したら、まずは「VPNGate公開VPN~」を選択します。

中継サーバーの一覧から、視聴が許可されている地域のサーバーを選択。VPN中継サーバーへの接続に使うプロトコルは「TCPを使用」を選択します。「接続完了」と表示されたら、中継サーバーにつながったということ。これでアクセス元の偽装は完了です。

さっそくYouTubeの動画ページにアクセス。「この動画はお住まいの国では公開されていません」とブロックされていた動画が、再生できるようになりました。アドオンを使う方法もあります。

なお、視聴制限がかけられた国と視聴OKな国を判別できるWebサイトが「YouTube region restriction checker」です。動画のURLを入力すると、制限地域はオレンジ、許可地域は緑で表示されます。許可されている国を、VPNの接続先に選びましょう。(文/中谷 仁)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事