ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法

「iPhoneを探す」は、iPhoneを紛失してしまったときに役立つ機能。iPhoneのGPS位置情報から大まかな場所がわかるほか、悪用を防ぐために遠方からロックすることができます。とはいえ、GPS位置情報は監視アプリにも利用されることもあるもの。そこで、iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法を紹介しましょう。


iPhoneのGPS位置情報を好きな場所に偽装する方法

iPhoneのGPS位置偽装は単純ではない

AndroidスマホのGPS位置情報は、無料アプリを使うだけで簡単に偽装できます。ただし、iPhoneの場合は、それほど単純ではありません。

iPhoneでGPS位置情報を偽装するには、まず「バックアップツール」のデータを書き換えが必要です。PCに「iBackupBot」をインストールし、iPhoneの「位置情報サービス」と「iPhoneを探す」をオフにします。

この状態でiPhoneをPCにつなげて、iTunesでバックアップ(「iPhoneのバックアップを暗号化」にはチェックを付けない)を取るのです。ここでiBackupBotを起動して、「com.apple.Maps.plist」ファイルをテキストデータとして開きます。

iPhoneマップで偽装したい位置にピン

ここで、データ内の</dict>前に「<dict><key>__internal__PlaceCardLocationSimulation</key><true/>」と入力して保存。iPhoneに書き換えデータを転送します。これでiPhoneでGPS位置情報を偽装する準備は整いました。

あとは、iPhoneのマップアプリを起動して、ピンをGPS位置情報を偽装したい場所に設置。名称部分をダブルタップして、「Simulate Location」というボタンをタップすれば位置情報の偽装は完了です。

実際に他のデバイスから現在地を確認すると、ピンを設置した場所にGPS位置情報が偽装されていました。ちなみに、iOS11以上の場合は、この方法でのGPS偽装はできません。iOS11~12でGPSを偽装する場合は、脱獄後に「gLocation」というアプリをインストールする必要があります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事