ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

IPアドレス偽装でアクセス制限を回避する方法

IPアドレス偽装で使われる日本国内で代表的なVPNサーバサービスといえば、筑波大学の研究プロジェクトで開発されている「VPN Gate Client」です。Windows・iOS・Androidといった、さまざまなOSに対応している上に、安定性はバツグン。ここではWindowsでIPアドレスを偽装してアクセス制限を回避する方法を紹介しましょう。


IPアドレス偽装でアクセス制限を回避する方法

IPアドレス偽装にVPNサーバで利用する

特定の地域からのネットのアクセス制限を突破する方法の1つがVPN(仮想プライベートネットワーク)。VPNサーバを利用してインターネットを閲覧すると、IPアドレスを偽装することができるのです。

そして「VPN Gate」は、無料でIPアドレスを偽装できる代表的なVPN。「VPN Gate Client」は、世界中に設置されている6,500台以上の中継サーバから、回線速度や過去の利用状況などを元に自由に選択し無料で活用できます。

そこで、Windowsで「VPN Gate」を利用してIPアドレスを偽装する方法を見ていきましょう。まずは公式サイトよりプラグイン付きの「SoftEther VPN Client」(最新のものを利用する)をダウンロードしてインストールします。

IPアドレスを偽装するには、公式サイトのダウンロードページより「vpngate-client-2018.05.12-build-9666.141307.zip」ファイルをダウンロード。ダウンロードファイルを解凍して、フォルダ内にある「vpngate-client-v4.27-9666-beta-2018.04.21」ファイルをダブルクリックしてインストールします。

IPアドレスを偽装したい国の中継サーバ

IPアドレスを偽装するための手順として、インストールが完了するとデスクトップ上に「SoftEther VPN クライアント接続」というショートカットアイコンが生成されます。ダブルクリックして起ち上げ。起動画面の「VPN Gate 公開 VPN 中継サーバ」を選択します。コントロールパネル画面が表示されるので「OK」をクリックしましょう。

すると、世界中で公開されている中継サーバが一覧で表示。IPアドレス偽装に活用したい国の中継サーバを選び「選択したVPNサーバーに接続」をクリックします。中継サーバは安定した通信を行うために、回線速度が速くPingの値が小さいものをなるべく選択しましょう。

中継サーバに接続されると、接続マネージャ画面の接続設定名に「VPN Gate Connection」という項目が追加。現在、中継しているIPアドレスを偽装できるVPNサーバの情報は、ここで確認できます。

こうして中継サーバのIPアドレスに偽装すれば、アクセス制限を施している世界中のサイトのコンテンツを閲覧できるというわけ。なお、現在接続中のIPアドレスはVPN Gateの公式トップページで確認可能です。

フリーWi-Fiスポットは「VPN」で安全に利用する


IPアドレス偽装に有料VPNサービス

「NordVPN」は59か国以上のサーバに接続できてIPアドレスを偽装できる有料のVPNサービス。有料サービスだけあって速度低下がほとんどなく、アクセス元のIPアドレス偽装も完璧です。NordVPNはスマホアプリも提供しており、同じくのIPアドレスを偽装できます。

海外の動画サイトを利用したい場合は、このようなIPアドレスを偽装できる有料のVPN接続サービスの利用がマストでしょう。長期契約ならコスパが高く、2年プランで月額390円まで抑えられます。

IPアドレスを偽装する方法は、公式サイトで契約したら、専用の接続ソフトを起動してログイン。サーバの一覧が地図とともに表示されるので、IPアドレスを偽装したい国とサーバを選びます。

今回はカナダをIPアドレス偽装に選択しました。「Connected to Canada」と表示されれば、VPNで接続できたということです。IPアドレスが偽装されています。Netflixにアクセスするとカナダ版に切り替わりました。IPアドレス偽装でカナダ向けの配信動画を視聴できるようになるのです。

無料と有料でおすすめ「VPNサービス」はどこ?

IPアドレス偽装で動画サイトの制限突破

このほか、IPアドレス偽装に利用できるVPNサービス最大手が、150台以上のサーバを完備した「FlyVPN」(http://www.flyvpn.com/ja/)。アジア、ヨーロッパ、北米、南米、オセアニア、アフリカの世界30か国に150台以上のサーバを構えています。

基本的には月額1,000円の有料サービスですが、無料お試し版(1日3回、1回あたりの連続使用は20分)を使ってIPアドレスの偽装が可能です。

実際に、IPアドレス偽装で海外の動画サイトのアクセス制限を突破する方法は、公式サイトにアクセスして、画面上部の「無料お試し」タブをクリック。クライアントツールをダウンロードします。

EXEファイルを起動してインストール。IDの入力画面が表示されたら、UsernameとPasswordを入力し、IDを発行します。ログインするとFlyVPNのインターフェースが表示される仕組みです。

画面下部のサーバ一覧の中からIPアドレスを偽装したい国とサーバを選択。「Connect」ボタンをクリックすればIPアドレスの偽装は完了です。IPアドレスを偽装できるVPNサーバ経由で海外の動画サイトにアクセス。IPアドレス偽装で視聴地域が制限された動画が閲覧可能になりました。

■「アクセス制限回避」おすすめ記事
アクセス制限を回避できるスマホの無料ブラウザ

■「VPNサーバー」おすすめ記事
VPNサーバーで世界中の動画サイトをスマホで

■「動画サイト」おすすめ記事
海外動画サイトの視聴エリア制限のすり抜け方法
中国No.1アクセスを誇る動画サイトの魅力とは
中国の動画サイトでユーザー数No.1はどこだ?
AG-デスクトップレコーダーの使い方と設定法
デスクトップキャプチャーソフト4種を徹底比較
スマホで本当に使える動画再生アプリを3つ厳選

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事