ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホでもアクセス制限を回避できる偽装ツール

国外からのアクセスを制限するといった検閲を回避するのに有効なのがVPN偽装ツールです。無料で利用できるWebブラウザのアドオンやスマホ用アプリなどが各種リリースされています。手軽にアクセス制限を回避できるVPN偽装ツールの中でも、ユーザー評価が高いツールを紹介しましょう。


スポンサーリンク
手軽にアクセス制限を回避できるVPN偽装ツール

中国のアクセス制限を回避できる

中国の動画サイト「Tudou」や「Youku」は、日本のコンテンツを公式配信している一方で、不正にアップされた動画が多いのはご存知の通り。これらのサイトに日本からアクセスはできるものの、中国国内からしか動画は再生できないよう制限されているのです。

ここでVPN偽装ツールを使うと中国のIPアドレスにカモフラージュでき、地域によるアクセス制限を回避可能というわけ。さっそく、ユーザーからの評価が高いVPN偽装ツールを詳しく見ていきましょう。

手軽かつ高機能なのが、Google ChromeとFirefox用のアドオン「HOLAベターインターネット」です。導入して目的のWebサイトにアクセスすると、自動で国を検知してIPアドレスを偽装してくれます。また、手動で任意の国の選択も可能です。

実際にサイトにアクセスすると、自動でサーバー元の国を検知。偽装が完了すると、Webブラウザのアイコンがその国の国旗マークになります。検索窓にURLを入力しても自動で検知してくれる仕組みです。

地域によるアクセス制限を回避する

「TunnelBear」は無料プランだとデータ容量が500MBまでと制限付き(無料で容量アップも可能)ですが、手順は非常に簡単。ソフトをインストールし、偽装したい国を選ぶだけです。なお、中華サイトはアメリカか香港のIPアドレスを利用します。

具体的には、ソフトを起動してダイヤルを「ON」に合わせると、偽装可能な国の一覧が出現。選択して地域によるアクセス制限を回避するとポップアップが出現して再生可能になります。

「Alohaブラウザ+ 無料VPN」は、高セキュリティのスマホ用Webブラウザです。VPN偽装ボタンが実装されており、検索・VPN偽装・閲覧と1つのアプリで完結します。なお、ダウンロード機能も搭載していますが、安易な実行はNGです。

使い方は、検索窓左の盾マークをタップ。初回だけメッセージが出るので「Allow」を選択します。iPhoneなら「Touch ID」やパスワードで登録するとVPNに接続。アクセス制限が回避される仕組みです。

■「IPアドレス偽装」おすすめ記事
IPアドレス偽装でアクセス制限を回避する方法

■「動画サイト」おすすめ記事
動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ
デスクトップキャプチャーで見きれないを防止
AG-デスクトップレコーダーの使い方と設定法
デスクトップキャプチャーソフト4種を徹底比較
動画配信サービスの無料トライアル期間まとめ
中国No.1アクセスを誇る動画サイトの魅力とは
中国の動画サイトを楽しむための4つの基礎知識

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事