ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アクセス制限を回避するVPNサーバーの利用法

特定の地域からのネットのアクセス制限を回避する方法の1つに、VPN(仮想プライベートネットワーク)の利用があります。そして「VPN Gate」は、無料で使える代表的なVPNです。「VPN Gate」は専用ソフトを入手して公開サーバーに接続。検閲用ファイアウォールを通過しWebサイトを自由に閲覧できます。


アクセス制限を回避するVPNサーバーの利用法

アクセス制限回避のVPNサーバー

VPNサーバーを利用してインターネットを閲覧すると、IPアドレスを偽装することが可能。結果的にアクセス制限を回避することができます。

日本国内で代表的なVPNサーバーサービスといえば、筑波大学の研究プロジェクトで開発されている「VPN Gate Client」。Windows・iOS・Androidといった、さまざまなOSに対応している上に、安定性はバツグンです。

「VPN Gate Client」は、世界中に設置されている6,500台以上の中継サーバーから、回線速度や過去の利用状況などを元に自由に選択して無料で活用できます。さっそく、Windowsで「VPN Gate」を利用してIPアドレスを偽装する方法を見ていきましょう。

まずは公式サイトよりプラグイン付きの「SoftEther VPN Client」をダウンロード。最新のものを利用するようにしてください。ダウンロードファイルを解凍して、フォルダ内にあるEXEファイルをダブルクリックしてインストールします。

アクセス制限を回避して閲覧できる

インストールが完了すると、デスクトップ上に「SoftEther VPN クライアント接続」というショートカットアイコンが出現。ダブルクリックして立ち上げたら、起動画面の「VPN Gate 公開 VPN 中継サーバ」を選択。コントロールパネル画面が表示されるので「OK」をクリックします。

すると、世界中で公開されている中継サーバーが一覧で表示されるのです。ここから回線速度が速く、Pingの値が小さい中継サーバーを選び「選択したVPNサーバーに接続」をクリック。接続マネージャ画面の接続設定名に「VPN Gate Connection」という項目が追加されて、中継しているサーバー情報が確認できます。

こうして中継サーバーのIPアドレスに偽装すれば、アクセス制限を施しているコンテンツであっても制限を回避して閲覧できるというわけです。なお、現在接続中のIPアドレスは「VPN Gate」の公式サイトTOPページで確認できます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事