ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

バラエティショップのドライブレコーダーの実力

クルマの運転は週に1回程度というドライバーなら選びたいのが、手頃な価格で買えるバラエティショップのドライブレコーダー。そこで、サンコーレアモノショップのドライブレコーダーの画質や動体検知機能の感度をチェックしてみました。見た目も性能も個性が強いドライブレコーダーといえるでしょう。


スポンサーリンク
バラエティショップのドライブレコーダーの実力

ミニ液晶付きドライブレコーダー

万が一事故が発生した時のために、走行中の様子を録画するドライブレコーダー。通勤や営業回りで毎日のように長距離を運転する人なら、15,000~25,000円の多機能な製品を選びましょう。ユピテル・セルスター・JCVケンウッドが売れ筋です。

月に数回程度しか運転しないなら豊富な機能は不要。基本性能をしっかりと備えた、5,000~8,000円くらいの価格帯のモデルが目安です。注目はバラエティショップのドライブレコーダー。なじみの店という安心感、入手のしやすさ、初期不良時の交換対応などを考えても何かと安心です。

そこで、人気バラエティショップ・サンコーレアモノショップのドライブレコーダーを見てみましょう。「スーパーミニ液晶付きドライブレコーダー」は、超コンパクトサイズでありながら、赤外線LEDを搭載した本格モデルです。

ドライブレコーダーで昼間に録画

このドライブレコーダーは、視界をさえぎらず使えるのが魅力です。小粒サイズのボディに、赤外線LEDを8灯装備しています。ムダの無い作りが好印象。miniHDMIケーブルでテレビにも接続できます。実勢価格は5,980円です。

実際に、ドライブレコーダーで昼間の走行を録画してみると、赤が強めに出る派手な色合いは信号の識別にも役立っていることが拡大するとよく分かります。信号色の識別は事故の記録として重要です。画角も広い印象でした。

動体検知の精度は敏感なので、駐車中の事故や車上荒らし対策としても有効に働くでしょう。衝突を感知するGセンサーはほんの少しの急ブレーキでは反応せず、ドライブレコーダー本体を動かした時にのみ作動しました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事