ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ありそうでなかった2カメ自転車ドラレコの映像

MAXWINの自転車用ドラレコ「BDVR-A001」は、ありそうでなかった前後2カメ式自転車用ドラレコ。自転車乗りから熱視線を浴びています。しかも、専用アプリでスマホと連動させればバックモニターとしての利用も可能というスグレモノ。注目の自転車用ドラレコの専用アプリを見ていきます。


ありそうでなかった2カメ自転車ドラレコの映像

自転車ドラレコに2カメ式が登場した

MAXWINの自転車ドラレコ「BDVR-A001」は、スマホ画面にドラレコ映像のライブ表示が可能。ックモニターとして運用できます。クルマ用のドラレコは今や前後2カメ式が主流ですが、自転車用もこのスタイルが今後のトレンドになるでしょう。

実際に撮影した映像は、どんよりした天気であったものの、20m以内の車両はすべてナンバーを捉えていました。往来する歩行者や300m先のテナント名も判別できます。

夜間に撮影した映像は、自転車とクルマでは速度差があるゆえ、走行中のナンバーを捉えるのは難儀しました。それでも車種は特定できる上、標識などの視認性も悪くありません。

自転車ドラレコ映像をスマホ上に表示

スマホアプリ「roadcam」を立ち上げ、自転車ドラレコ本体の「Wi-Fi」ボタンを押すと、カメラ映像をスマホ上に表示できます。画角のチェックにも役立つでしょう。

アプリでの映像確認は、全画面表示やフロントのみ・リアのみ表示も思いのまま。ハンドルにスマホをマウントすれば、バックモニターとして使えます。

画質設定はアプリで行う仕様です。Gセンサーの感度や明度変更なども可能。日付設定は自動でスマホと同期してくれます。実勢価格は18,000円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事