ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

最新ドラレコの選び方が分かる4つの注目ワード

カーショップの店頭には数多くのドライブレコーダーが並びますが、いざ最新機種を買おうとした場合、選ぶポイントはどこなのでしょう。ひと昔前にもてはやされたフルHD画質は今や当たり前となっています。そこで、最新ドラレコの選び方が分かる4つの注目ワードを見ていきましょう。


スポンサーリンク
最新ドラレコの選び方が分かる4つの注目ワード

ドラレコ注目はスマートフォン連動

最新のドラレコでは、ドライバーをサポートする運転支援機能や「当て逃げ」対策となる駐車監視、さらに後方の撮影にも対応した2カメラタイプなど、さまざまな付加機能を売りにしたモデルが登場しています。そこで、流行りの最新機種に関する注目ワードをチェックしましょう。

今のドラレコが分かる注目ワードが「スマートフォン連動」です。無線LAN内蔵で専用アプリからの本体操作に加え、録画やリアルタイムの映像が確認可能。従来のようにPCを介さずに、手軽にドラレコのデータを管理できます。

続いてのドラレコ注目ワードが「運転支援&駐車監視」です。前方接近や車線逸脱警報といった運転支援機能が、標準搭載されたモデルが多数登場。また動体検知で映像を記録する、駐車監視機能搭載モデルも人気です。

ドラレコ注目のデュアルカメラ仕様

ドラレコの注目ワードに「デュアルカメラ仕様」があります。煽り運転をはじめとした後続車を撮影できるリアカメラ搭載モデルです。また、赤外線カメラで車内撮影に対応した2カメラモデルというパターンもあります。

最後のドラレコ注目ワードは「高画質カメラ撮影」です。フルHD画質を超える2304
×1296ドットの高精細な映像を売りにした機種が多数登場。事故やトラブル時の映像を、より鮮明に残せるようになっています。

なお、最近ではスマホがドライブレコーダー代わりになる、機能豊富なドラレコアプリが数多くリリース。損保ジャパン日本興亜が提供する無料アプリ「Safety Sight」は、画像認識による運転支援機能を備えています。

「マルチドライブレコーダ2」は価格720円の有料アプリ。衝撃を感知して自動で前後1分間の映像を記録。より手軽に、ドラレコの定番機能を使えるようになっているのです。

■「ドラレコ」おすすめ記事
ドライブレコーダーおすすめは「DrivePro200」
6千円で買うミラー型ドライブレコーダーの実力
1万円以下で買える超小型のドライブレコーダー
1万円ちょいで買える高画質ドライブレコーダー
トランセンドDrivePro200は高画質ドラレコ
KNA-DR300は駐車モード搭載の多機能ドラレコ

■「ドラレコアプリ」おすすめ記事
ドライブレコーダーはアプリ+広角レンズで代用
ドライブレコーダーアプリで不測の事態に備える
無料で使える地図連動ドライブレコーダーアプリ
ドライブレコーダーアプリに古いスマホを再利用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事