ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ハイエース盗難の手口と効果的な防犯対策とは?

現行の200系ハイエースは、2004年に発売開始したⅠ型から2013年のⅣ型まで、盗難防止のセキュリティを強化してきました。そして、その度に破られるというイタチごっこが続いているのです。ハイエース盗難の歴史を見ていくとともに、すぐに取り入れたい効果的な防犯対策を紹介しましょう。


スポンサーリンク
ハイエース盗難の手口と効果的な防犯対策とは?

ハイエースの盗難対策が突破された

Ⅰ型のハイエースはイモビライザーが無く、スライドドアから侵入してシリンダーキーを破壊する手口で突破されていました。そこで、2007年のⅡ型ではスーパーGLで純正イモビライザーを装備しています。

イモビライザーは固有の登録IDが合致しないと、クルマが動かないという盗難対策です。しかし、イモビカッターを使うと車載コンピューターのID情報をリセット可能。そこに別のキーのIDを登録するという手口で突破されてしまうのです。

2012年のⅢ型後期からは、全車にイモビライザー付きリモコンキーを付けましたが、こちらも攻略されています。そして、2013年発売開始で現行のⅣ型からは、一部オプションでイモビライザー付きのスマートキーを選択できるようになりました。

これは微弱な電波を発して、ドアの開閉やプッシュ式のエンジンスタートボタンを始動させる仕組みです。最も安全なシステムだと思われていましたが、海外ではスマートキーからの電波を拾って増幅し、それを中継して解錠してしまう「リレーアタック」という手口が確認されています。

ハイエース盗難にハンドルロック

スマートキーの電波は送信が315MHz、受信が125/134kHzの電波を使用。その電波を特殊な受信機と送信機で変換・増幅して中継するのがリレーアタックです。実際、日本でもⅣ型ハイエースの盗難は発生しています。

海外では、盗んだパーツでさえ高値で取引きされているというハイエースは、どのような盗難対策をとればよいのでしょう。

まず、ハイエース盗難の防犯対策で大切なのは、見た目で盗みにくいという印象をアピールすること。物理的に動かせないようにするタイヤロックやハンドルロックは、アナログな手法ですが効果的です。

また、人の動きを検知し光の点滅で威嚇するドラレコなどで、犯人にセキュリティ意識を見せつけて面倒臭いと思わせましょう。さらに、衝撃や不審者の接近を検知するセンサー類があれば完璧です。

■「盗難車」おすすめ記事
盗難車を事故車で偽装する「目玉抜き」とは?
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
スマートキーも無効!?自動車盗難の最新手口
車の盗難防止策が100均アイテムで破られる!?
リモコンキーをコピーして車のロックを解除する
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?

■「ハイエース盗難」おすすめ記事
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?

■「カーセキュリティ」おすすめ記事
ナンバープレートの封印がゴムホースで外れる!?
車上荒らしが使うオリジナル解錠ツールを検証

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事