ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?

イモビライザーとは、専用キー以外ではエンジンがかからないシステムのこと。いわゆる自動車盗難防止システムです。しかし、イモビライザーの専用キー複製マシンがあれば、簡単に複製できてしまいます。イモビライザーの仕組みと専用キー複製マシンを詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?

イモビライザーの専用キー複製マシン

イモビライザーはエンジンキーに埋め込まれた電子チップ(トランスポンダ)と、自動車本体とで電波で認証。ID(暗号化されている)が一致してはじめてエンジン始動が可能になります。

ブランクキーを削ってクルマの合カギを精巧に作ったとしても、エンジンの始動はできません。エンジンをかけるにはトランスポンダ内蔵の専用キーに、元々のIDも複製する必要があるのです。

そこでカギ師が利用するのがイモビライザーの専用キー複製マシン。「キーライン 884ディクリプター」は、十字の穴にカギを差し込むと、トランスポンダに書き込まれたIDを読み込みます。

イモビライザーの専用キー

イモビライザーがセキュリティアップ

イモビライザーの専用キー複製マシンのインターフェイスはRS-232CとUSBで、電源はDC12Vです。サイズは220W×130H×70Dmmで、重さは1kg。価格は220,000円になります。

この機械があれば、簡単にイモビライザーの専用キーがコピーできるため、メーカー側もさらにセキュリティをアップ。エンジン始動のたびにIDを書き換えたり(BMW)、車両本体がないとイモビライザーのキー登録ができない(ホンダ)車種も存在します。

イモビライザーのトランスポンダは、最近では住宅用のカギでも採用され始めていますが、IDはこの専用キー複製マシンでも読み込みだけは可能です。この情報は『ラジオライフ』2014年11月号に掲載されていました。

■「車のキー」おすすめ記事
車の鍵紛失を自分で解決するロックアウトツール
インキー時のカギ開け補助工具がAmazonで買える

■「キー」おすすめ記事
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法
玄関ドアの鍵をガードするグッズで防犯対策
自転車の鍵はボルトカッターで簡単に切断できる
ドアノブ交換で玄関のカギをディンプルキーに
補助錠を自分で増設してダブルロックで防犯対策

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。