ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警視庁による缶切りがない時に缶詰を開ける方法

警視庁警備部災害対策課のTwitterアカウント(@MPD_bousai)が、役立つ防災テクニックを紹介していると話題になっています。古くなった非常食を使ったレシピ、便利な防災グッズ、サバイバルテクなどなかなか実践的です。ここでは、その中からすぐにでも使える防災テクニックを紹介しましょう。


警視庁による缶切りがない時に缶詰を開ける方法

缶切りがない場合は缶詰めを削る

まずは「缶切りがない時に缶詰めを開ける」という防災テクニックです。国内商品の多くはプルトップで簡単に開けられますが、取れていたり海外商品は缶切りが必要なものもあります。

手元に缶切りがない場合、缶詰めの上部をコンクリートに円を描くようにして押し当てましょう。缶詰めの接合部分が削れるまで回すと、素手でフラが開けられるようになるのです。

「剥がれにくい絆創膏の貼り方」という防災テクニックも紹介されていました。その貼り方とは絆創膏の両端に切れ目を入れ、交差させるように傷口に貼ると曲げ伸ばしする関節部でも剥がれにくくなります。

ペットボトルに簡易蛇口をつける

絆創膏を左右に広げたら、粘着面の両端に切れ目を入れてください。始めに粘着面の上半分を交差させてから、下半分をかぶせるように貼るだけ。上部分をクロスして貼り、それから下部を巻き付けます。

ペットボトルの飲み口から水を出すと、必要以上に出過ぎてしまうという場合には「ペットボトルに簡易蛇口をつける」という防災テクニックを使うとよいでしょう。大切な水の無駄使いを防げます。

簡易蛇口といっても、ペットボトルの下部にキリなどで1か所に穴をあけるだけ。これが簡易蛇口になって水量を調節できるようになります。キャップの開け閉めで水量の調節が可能です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。