ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防災無線にアナログとデジタルが混在する理由

地震や水害の被災状況だけではなく、台風や豪雨が迫っている時の河川の水位や避難場所の準備状況など、防災アプリでは伝えられない“事前の情報”がリアルタイムで聞こえてくるのが「防災無線」です。現在の防災無線はアナログ波とデジタル波が混在している状態。中には自治体内で両波が併用されているケースもあるのでした。


防災無線にアナログとデジタルが混在する理由

防災無線に防災行政無線と地方行政無線

「防災無線」と呼ばれる無線の主体は、自治体である都道府県と市区町村に割当てられる「防災行政無線」です。

また、各自治体が業務無線として使う「地方行政無線」があります。これは上下水道事業や清掃事業といった部署で使用されたり、教育施設や福祉施設で使われるなど自治体によって、運用方法はさまざまです。

これらの用途に防災行政無線を使用している自治体もありますし、災害時は地方行政無線も通信網の一役を担うので、受信する側からは両者の区別は難しくなります。そんなこともあり、自治体に割当てられた無線をひとまとめにして「防災無線」と呼んでいるのです。

防災無線のデジタル化費用は各自治体

防災無線は音声通信だけではなく、画像やデータの伝送をスピーディーに行えるよう通信を高度化するため、デジタル化が進められています。

とはいえ、国による補助金はあるものの、費用の大半は各自治体の財源から支出されることになっています。各自治体の税収はもちろん、面積や地形などが異なるため、デジタル無線の整備状況には大きな格差が生じているのです。

そのため、現在の防災無線はアナログ波とデジタル波が混在している状態。中には自治体内で両波が併用されているケースも多々あります。結果的に、防災無線はまだまだ聞けるチャンスがある無線なのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事