ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

探知と探査のデュアルモード搭載の盗聴器発見器

盗聴器の発見器には、大きく分けて2タイプ存在します。盗聴器の電波をキャッチして設置されているかどうかを探知するタイプと、盗聴器が設置されている場所を識別音で特定するタイプです。そんな盗聴器発見器2タイプを1台にまとめた製品がサンメカトロニクスの「バグチェイサーEX」になります。


スポンサーリンク
探知と探査のデュアルモード搭載の盗聴器発見器

盗聴器発見器を1台に統合した製品

盗聴器を発見するには、電波を探知する方法と識別音の戻りを使用する方法があります。「バグチェイサーEX」は従来、それぞれに特化していた盗聴器発見器を1台に統合した製品です。

盗聴器が設置されているかの探知と盗聴器が設置されている場所の探査の両方の機能を1台で利用できるため、効率的に盗聴器の発見が可能。また、受信周波数帯域は50~2000MHzと、幅広い範囲をカバーしているのも魅力でしょう。

盗聴器の発見方法は、本体上部の「DETECT MODE」ボタンをプッシュしてディテクトモード(電波探知)を起動。部屋の家具などの近くで本体をゆっくり撫でるように動かします。電波を探知すると信号強度LEDが反応する仕組みです。

盗聴器発見器は自動的に音声モード

盗聴器の電波を探知したら、本体横のスキャンボタンを押してスキャンモード(識別音探査)へ移行。本体から「ピーピー」という識別音を発し、盗聴器がその識別音を拾って戻すのをキャッチするわけです。

盗聴器発見器はスキャンモードで盗聴器の電波を受信すると、自動的に音声モードに切り替わります。あとはスピーカーから聞こえる自分の声やハウリングで場所を特定していくわけです。

バグチェイサーEXのスキャン時間は12~15秒、サイズ/重さは65W×116H×32Dmm/201g(本体)、アンテナの長さは最大615mmとなっています。電源は単3形乾電池×4本。実勢価格は51,840円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事