ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器の発信源を特定する時は左回りで追い込む

ビルが建ち並ぶ市街地で、クルマに乗って盗聴波をスキャンしていると、交差点で「ザザッ」と一瞬だけ入感することがあります。交差点は四方に開けているため、ビルの谷間を伝わった電波が飛び込んできやすいからです。盗聴器の発信源を特定する時は左回りで追い込むのが基本です。


盗聴器の発信源を特定する時は左回りで追い込む

盗聴器の発信源探しは左折を繰り返す

交差点は盗聴波探しの起点であり、交通量の多い市街地をクルマで安全に盗聴器の発信源を特定するには、交差点で左折を繰り返す「左回り捜索法」がポイントになります。

ビル街で盗聴器の発信源を特定する「左回り捜索法」は、走行中に盗聴波らしきノイズが入感した時に発動。すぐに止まるのは危険なので、そのまま直進。まずは電波が最も強く入感するポイントを耳で探りながら、電波が弱くなるまで直進を続けます。

電波が途切れた所で、これより先には無いと判断して左折。交通量が多い市街地でも、左折は右折よりも安全に曲がれるからです。

室内音がクリアに聞こえてくる場所

左折を3回すればワンブロックを回り込めるので、元の道へと進みます。ここで再びノイズが入感するはず。先ほど直進して来た道との交差点を右折。引き返すように直進すると、次第に電波が強くなるので、最も強く入感するポイントを調べます。

ピークを過ぎて電波が弱まったところで再び左折。電波が強く入感する交差点が判明したら、その交差点を中心に左折を繰り返します。

何度か付近を行き来していると、盗聴器からの室内音がクリアに聞こえてくる場所が分かるので停車して受信します。そして、周囲の状況から電波が飛んで来る方向を判断して発信源を特定するのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事