ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スクランブル発進の戦闘機はどんな交信をする?

軍用機の管制に関する交信であるミリタリーエアーバンドは国防に関わる重要な無線ですが、デジタル化も暗号化もされていません。アナログ波のAMモードで運用されています。これは旅客機が使うエアーバンドと全く同じで、管制の手順もほぼ同じ。ただし、旅客機のエアーバンドには存在しない管制が登場します。


スポンサーリンク
スクランブル発進の戦闘機はどんな交信をする?

軍用機ならではの管制席が登場する

ミリタリーエアーバンドも軍用機の飛行状態に応じて、管制席を順番に移しながら飛行しています。その中には旅客機のエアーバンドでは使われない、軍用機ならではの管制席が、飛行任務に応じて登場。管制の流れにも違いが出てきます。

1つは「他の基地への飛行」。これは管制官のいる空港間を飛行する旅客機と全く同じ流れです。基地の管制圏を離脱後、上空で航空路に入ってACCと交信。航空路管制を受けながら、目的地まで飛行します。

もう1つは「訓練空域への飛行」。これこそ軍用機の管制です。GNDの指示で誘導路から滑走路へと向かい、TWRの許可を得て離陸します。DEPの指示で高度を上げた後、旅客機には無い管制席「GCI」が登場します。

GCI(ジーシーアイ:Ground Controlled Intercept)は、地上要撃管制のことで飛行場の管制塔ではなく、他の場所にある戦闘を司るセクションと交信するもの。訓練空域を飛行する戦闘機を管制するのが役目です。この周波数は戦闘に関するものなので、非公開になっています。

スクランブル発進はいきなりTWR

訓練を終えて、RTB(アールティービー:Return To Base)と呼ばれる帰投時にはGCAが登場。GCA(ジーシーエー:Ground Controlled Approach)とは、着陸誘導管制のことです。

管制官は有視界飛行方式で飛行する戦闘機を音声で誘導して滑走路へと導きます。そして着陸。TWRと交信後、滑走路を出たところでGNDに移管されて、駐機場へ向かいます。

最後は「スクランブル任務」です。航空自衛隊の実戦的任務、領空侵犯機に帯する緊急発進になります。1秒を争う緊急事態のため、いきなりTWRが出てきます。滑走路の直近にあるアラートハンガーには、飛行可能状態にある戦闘機が完全武装で待機。時間短縮のため、GND抜きで滑走路へ向かいます。

有視界飛行方式で飛行するミリタリーエアーバンドの管制が旅客機の管制と違う部分は、GCIとGCAの2つの管制の存在。ここを押さえることが、ミリタリーエアーバンド攻略のカギなのです。(文/さとうひとし)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。