ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スクーター製のミニ哨戒機「P-3C」のデモとは

陸から遠く離れた洋上で任務に従事する海上自衛隊。その中でも日本の周辺海域を警戒する、哨戒任務が日々行われていることはあまり知られていません。その活動を周知する場が航空祭。その任務をわかりやすく説明するために、スクーターを改造したミニP-3Cを走らせるデモが大人気です。


スポンサーリンク
スクーター製のミニ哨戒機「P-3C」のデモとは

ミニP-3Cが任務を実戦で解説する

千葉県柏市にある海上自衛隊の下総航空基地は、海上自衛隊航空部隊の主要な任務である「哨戒」を行う、哨戒機「P-3C」の操縦士やP-3Cの機内に設置された電子機器を扱う搭乗員を養成する基地です。

P-3Cの哨戒任務は主に対潜哨戒で、日本近海の海中深くを潜行している潜水艦を見つけ出すこと。ソノブイと呼ばれるソナーを海面に投下して、ソナーの音響などから潜水艦の位置を割り出していきます。

哨戒任務を一般向けに解説するため、毎年10月に開催される下総航空基地の航空祭では、50ccのスクーターで作ったミニP-3Cを走らせるデモを実施。コミカルな動きと手の込んだストーリーは人気があります。

ミニP-3Cの指示は特定小電力無線

ミニP-3Cは3機編隊でアクロバット飛行(走行)を見せて会場にあいさつ。次に同じスクーター製の護衛艦「あとらす」が登場し、これまたスクーター製の敵潜水艦の存在を検知。ミニP-3Cを要請して、3機が飛来してきます。

ミニP-3Cは海域に見立てた会場内を哨戒。敵潜水艦を包囲していき、最後はラジコン操縦の魚雷を発射。敵潜水艦に命中させて轟沈させる、哨戒から攻撃までのデモを見せて解説していきます。

ミニP-3Cへの指示は、特定小電力無線で行われるため受信可能。なお、ブルーインパルスの整備班が演技するスクーター製の「ブルーインパルスジュニア」も、特定小電力無線によって指示を受けています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。