ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

軍用機の無線「ビクター」「ユニフォーム」とは

軍用機を運用するのは航空自衛隊だけではありません。陸上自衛隊には攻撃用と輸送用のヘリコプター部隊が存在し、海上自衛隊には日本近海をパトロールする哨戒機や護衛艦に搭載されるヘリコプター部隊があります。これらの部隊も航空自衛隊機と同じようにミリタリーエアーバンドを使っています。


スポンサーリンク

エアーバンドにはVHF帯とUHF帯がある

航空機が使用する無線、エアーバンドは用途に応じて使用周波数が異なり、2種類に大別されます。旅客機などの民間機や官民のヘリコプターはVHF帯エアーバンド、自衛隊の軍用機はUHF帯エアーバンドです。

民間機が使用する周波数帯はVHF帯の118~136MHzで、軍用機は225~400MHzです。電波の分類上は、半分くらいが300MHzまでのVHF帯の範囲内にありますが、民間機と区別するためにUHF帯エアーバンドと呼ばれています。

民間機にはUHF帯(225~400MHz)の無線機を搭載していないので、UHF帯エアーバンドを使用することはありません。そのため、「UHF帯エアーバンド=ミリタリーエアーバンド」という分類がされています。

軍用機はVHF帯エアーバンドも使う

自衛隊機はUHF帯エアーバンドをメインに使用していますが、民間機用のイメージが強いVHF帯エアーバンドの118~136MHzを軍用機が使用することもあります(VHF帯の無線機を搭載している)。

航空自衛隊の交信では、使用する周波数帯を「ビクター」や「ユニフォーム」と呼称します。これはVHF帯とUHF帯の頭文字、「V」と「U」をフォネティックコード(欧文通話表)で表現したものです。

軍用機はVHF帯エアーバンドの上にある139~142MHzも使います。VHF帯でもこの帯域に民間機は出てこないので、軍用機専用といえる周波数帯です。主に陸上自衛隊の航空機が使います。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事