ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「ケルベロス」無料版でスマホの動作を監視する

盗難防止アプリ「Cerberus(ケルベロス)」は、建前上は“スマホの紛失・盗難対策用”とされていますが、使い方次第でスマホの監視アプリにもなってしまいます。基本的に有料アプリですが、無料版でもスパイツールとして有用です。監視アプリ「ケルベロス」無料版でスマホの動作を監視する方法を見ていきます。


「ケルベロス」無料版でスマホの動作を監視する

ケルベロス無料版でスマホの位置捕捉

監視アプリ「ケルベロス」は、無料版でも位置情報を常に発信しているので、リアルタイムでターゲットの居場所を突き止めることが可能です。アプリの初回起動時に作成したユーザーネームとパスワードを使いケルベロスのPC用Webサイトにログインすると、地図が大きく表示された遠隔監視画面が開きます。

この遠隔監視画面では、アプリをインストールしてあるスマホの位置情報が常時トレースされ居場所が表示される仕組みです。

そして、条件付けの動作を設定できる「Auto Task」も搭載。例えば、スマホの持ち主が、「浮気中は端末を機内モードにするクセがある」としたら、「機内モードにした時に写真を撮影する」に設定します。

すると、遠隔監視画面右側に、自動撮影などのスマホで設定した機能の発動が記録される仕組み。撮影画像はスマホに保存されるため見ることはできませんが、写真を撮影したという通知は届くので、浮気の可能性を探ることはできるでしょう。

ケルベロス無料版でイベントを設定

ケルベロス無料版に搭載されている3つの機能を詳しく見ていきましょう。それぞれで設定した操作をターゲットがした場合、PCの遠隔監視画面に報告されます。具体的な証拠が取れるわけではありませんが、ターゲットの行動のヒントを得ることは可能です。

1つめの機能は自動写真撮影。ここでは、スマホの盗難時に自動的に行わせたい操作を選びます。メッセージ破棄やアラーム停止などから選択可能。スマホの覗き見対策にも使えるわけです。

2つめの機能はSIMチェッカー。SIMカードの抜き挿しがあった場合に知らせてくれる機能です。浮気用などに別の電話番号を使っていて、SIMカードの抜き差しをしている場合に有効でしょう。

そして、3つめの機能が「AutoTask」。「この操作がされた時(イベント)にスマホをこう動かす(アクション)」と設定できます。例えば、ターゲットが仕事のサボり中に機内モードを使う場合。これで、機内モードをオン/オフした際に写真を撮影するように設定すれば、事前と事後の現場を押さえられるというわけです。

ただし、設定はスマホでするため、アプリのインストール同様、ターゲットの端末を触れる状態であることが条件となります。なお、監視アプリを相手の同意なしにインストールした場合、不正指令電磁記録供用罪となります。くれぐれも同意なしにインストールしないでください。(文/秋本録画)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事