ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEが丸見えになる監視アプリ「Spyzie」入手法

探偵が情報収集に使っているとウワサされているのが、月額課金制のスパイアプリ「Spyzie」。いわゆる野良アプリで、AppStoreやGoogle Playのパスワードが分からなくてもインストールが可能です。アプリのアイコンの非表示もできます。LINEも丸見えになる監視アプリ「Spyzie」の入手法を見ていきましょう。


LINEが丸見えになる監視アプリ「Spyzie」入手法

Spyzieはスマホ画面を覗き見できる

監視アプリ「Spyzie」はさすが有料アプリ!といった感じで、搭載している機能も凄まじく、GPSでの位置情報取得は朝飯前。スマホ画面を覗き見できる「スクリーンショット」機能により、LINEやSNSを遠隔で閲覧することも可能です。スマホの全情報を抜き取れるといっても過言ではないでしょう。

Spyzieは野良アプリなので、ターゲットの端末にはWebサイト経由でアプリをインストールします。また、Android版とiOS版では使用条件が大きく異なります。

Spyzieの月額料金はAndroid対応版が1,980円~、Android究極版が2,980円~、iOS対応版が3,980円となっています。なお、SpyzieはiOS版にも対応していますが、現行機種含め主要なiPhone・iPadでは使用できません。iOSで導入されている2ファクタ認証(電話番号を使ったセキュリティ)を突破できないためです。

SpyzieのWebサイトで状態を確認可能

Android版Spyzieの導入方法は、root化などの面倒な作業は不要です。月額料金の支払い後に表示されるURLから、スマホにアプリをダウンロードします。

そして、「System Update Service」を導入し、Google Playプロテクトを解除。最後に、Spyzieのアイコンを表示させるかを聞かれるので、「アイコンは役に立たない、それを必要としない」を選ぶと、アプリ非表示のステルス仕様になります。

アプリを導入すると、SpyzieのWebサイトで端末の状態を確認可能。現在地や今つながっているWi-FiのAP名が分かります。情報はWi-Fi経由で同期されるため、ネットにつながっていない間は情報が入ってこない仕様です。

なお、Android究極版では「GPS位置情報」「通話履歴」「連絡先(電話帳の内容)」「メッセージ(SMSの送り先と内容)」「LINEでのやり取りの一部」「Instagramでのやりとりの一部」「検索内容と見ているサイトの確認」「カメラで撮影した写真・ビデオ・スクリーンショットのすべて」「キーロガー(入力内容の一部が判明)」「APPタイムライン(いつどのアプリを使ったかの一部)」を実際に見ることできました。(文/秋本録画)

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事