ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クアトロックスアイは掌サイズのお手軽ドローン

何かと話題のドローンですが、掌サイズで世界最小クラスながら4枚ローターを搭載した「クアトロックスアイ」が人気です。実勢価格は1万円ちょっとながら、ボタン1つで高速宙返りもできます。さっそくクアトロックスアイの詳しい情報を見ていきましょう。



スポンサーリンク
クアトロックスアイは掌サイズのお手軽ドローン

クアトロックスアイは超安定飛行

「クアトロックスアイ」は、パームサイズと世界最小クラスのクアッド(4枚ローター)コプターながらも、6軸ジャイロで超安定飛行を実現。ボタン1つで高速宙返りも可能です。

サイズは約125W×125H×45Dmmで重さは約100g。電源は送信機が単3形乾電池×4本で、本体は充電池になります。

クアトロックスアイの充電時間は約50分で、飛行時間は約5~6分。解像度は動画なら100万画素、静止画なら200万画素となります。記録媒体はmicroSDカード。実勢価格は12,000円です。

機体が小さいクアトロックスアイ

クアトロックスアイは2.4GHz帯のプロポを使用。撮影用スイッチや宙返りボタンを装備しています。予備バッテリーを数個用意して心ゆくまで楽しみたいところです。

マンションの5~6階ぐらいの高さなら楽勝。クアトロックスアイは機体が小さいので見失わないようにしましょう。カメラ搭載は決して高画質ではありませんが、映像を本体装着のmicroSDカードに記録できるのはポイントです。

なお、カメラなしの「クアトロックス」なら5,000円でお釣りがくる価格設定となっています。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

■「ドローン」おすすめ記事
ドローン価格が9千円!200万画素カメラを搭載
ドローンとは自律移動する無人操縦機のこと
ドローン規制は飛行性能で免許導入もありえる
ドローン関連ニュースここ1年を振り返ってみる
ドローン空撮!プロの機材と操縦テクニックとは
プロ仕様ドローン空撮は安定飛行と絶妙アングル
X5C EXPLORERSは1万円以下のエントリーモデル
AR.Drone 2.0は5万円で買えるドローン中級機
Bebop Droneは本格的な空撮が楽しめる上級機
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事