ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

捜査一課のほかに警察の刑事には何課あるのか?

警視庁や道府県警本部にある刑事部とは、その名の通り刑事事件を扱う部署。中でも、殺人や強盗・強姦といった強行犯を扱う捜査一課がよく知られています。刑事部には捜査一課のほかに、二課と三課、そして四課があります。二課は「知能犯」、三課は「盗犯」、四課は暴力団等の取り締りが担当です。


スポンサーリンク
捜査一課のほかに警察の刑事には何課あるのか?

捜査一課の刑事の管理体制と仕事

まずは捜査一課の刑事の管理体制と仕事を見ていきましょう。捜査一課はさらに各「係」に分けられていて、捜査自体は各係の捜査員が班を組んで行います。班をまとめるのが「係長」で、すべての係を統括するのが「捜査一課長」です。

ただし、係長と課長の間には、課長の補佐的な役割を担う「理事官」とその下に位置する「管理官」という役職があります。

管理官は事件発生時に現場に向かい、捜査本部が設置されたときは陣頭指揮を行うという実質的な統括業務を行うのです。なお、理事官が置かれているのは警視庁のみで、ほかの警察本部では管理官がナンバー2となります。

捜査一課といえども役所のひとつ

警察ドラマに登場する刑事たちとは違い、実際の捜査一課の刑事たちが日常的に追われている仕事は、意外なことに地味な内容がほとんどです。緊急の事案などを抱えていなければ、朝7時半から8時半の出勤と同時に、捜査状況を確認する捜査会議が行われます。

その後、聞き込みや張り込みの必要があれば「外回り」。そして、必要がないときに待ち受けているのが、事件報告などの書類整理です。捜査一課といえども役所のひとつなので、申請や報告などはすべて書類によって行われます。

午後からは外回りが主となり、緊急事案がなくとも地域の有力者や協力者を訪ねて話を聞き情報収集。これは通称「檀家まわり」と呼ばれ、有力情報を得ることで事件の解決に結びつけたり、発覚を未然に防いだりするのに役立てているのです。


スポンサーリンク

捜査二課が担当する知能犯とは?

捜査二課の担当する知能犯とは、詐欺や通貨偽造、贈収賄といった金銭・経済・企業犯罪を指し、さらに選挙違反も二課の担当となります。もちろん、最近世間を賑わせている「振り込め詐欺」などの特殊詐欺も担当です。

知能犯とほかの刑事犯との大きな違いは、綿密な計画に基づいて行われる点にあります。その犯罪計画の中には、犯行が発覚した時の対処法も盛り込まれていることが多いのです。

そのため、事件の完全な解決のために捜査二課の刑事は緻密な捜査が求められます。実際、実行犯を検挙しても、それで一件落着というわけにはいきません。さらに、贈賄や選挙違反は別として、詐欺や通貨偽造は日を追うごとに巧妙さが増しています。捜査二課の刑事は常に新たな知識と情報の取得が必要です。

捜査三課は犯罪件数が多いのが特徴

捜査二課とは逆に、経験を重視するのが捜査三課の仕事。捜査三課の担当する「盗犯」とは窃盗を指し、空き巣や引ったくりから万引き、自転車泥棒まで、対象となる種類は多くなります。

そして盗犯は知能犯と違い、同じような手口で行われる可能性が高く、そのために家宅侵入や窃盗の手口を捜査する「手口係」といった部署も存在。つまり、長年培った実績や経験が重宝されるわけです。

もうひとつ、捜査三課の大きな特徴といえば犯罪件数の多さが挙げられるでしょう。一課の強行犯や二課の知能犯と違い、盗犯はそれこそ毎日のように発生。犯人もスリや空き巣、車上狙いのようなプロから、万引きをした主婦や学生、タクシー代をケチって無施錠の自転車を拝借したサラリーマンまで幅広いのでした。


スポンサーリンク

捜査四課はいわゆるマル暴の部署

刑事部捜査第四課は、広域指定暴力団や外国人犯罪などを扱う部署。いわゆる「マル暴」と呼ばれる部署です。ただし、警視庁と福岡県警では四課を「組織犯罪対策部」「暴力団対策部」として独立させています。

やはり一番の重要任務は暴力団対策となりますが、地域によって大きく差があるのが特徴です。ドラマなどで強面の俳優がキャスティングされがちですが、実際に自然と顔つきから言葉遣い、服装など、怖くなっていく傾向にはあるようです。

また、刑事たちは暴力団員に対して、自分の顔を覚えさせるような行動を心がけるといいます。街で顔見知りの刑事の姿を見るだけで、挙動が不審になったり、あるいは違法行為に手を出す直前で諦めたりするものもいるからです。

捜査一課には特殊部隊が存在する

捜査一課には、特殊部隊の「SIT」が存在します。SITの正式名称は「刑事部捜査一課特殊犯捜査班」で、各警察本部の刑事部に設けられた捜査一課の一部署です。主な任務は誘拐事件などの捜査と人質救出になります。

SITの略称の由来は少し変わっていて「Sousa Ikka Tokusyuhan」。つまり「捜査一課特殊班」のローマ字表記の頭文字からきているといわれています。

しかし、部隊腕章には「Special InvestigationTeam」の文字が表記。これは在外公館勤務経験者の捜査一課管理官が、SITを「Special InvestigationTeam」の略と解釈してしまい、それが公式化したとの説もあります。

捜査一課の特殊犯捜査班の呼び名は、警察本部によって違う場合もあります。埼玉県警は「STS」で「Special Tactical Section」の略。千葉県警は「ART」で「Assault and Rescue Team」の略。神奈川県警は「SIS」で「Special Investigation Squad」、大阪府警「MAAT」で「Martial Arts Attack Team」です。

■「捜査一課」おすすめ記事
鑑識の仕事!立場は捜査一課の刑事と同じだった
捜査一課の特殊部隊「SIT」の由来はローマ字
捜査一課の刑事の仕事はドラマほど派手じゃない

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
警察用語でやどは留置場で別荘は刑務所のこと
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事