ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「捜査二課=警察の切れ者集団」が扱う犯罪は?

警察の刑事部には捜査一課のほかに二課と三課、そして四課があります。二課は「知能犯」、三課は「盗犯」、四課は暴力団等の取り締りを担当します。このうち知能犯を担当する「捜査二課」は、大きな経済事件を担当する警察のエリートコースといわれています。捜査二課の仕事を見ていきましょう。


警察の切れ者集団「捜査二課」が扱う犯罪とは?


捜査二課は選挙違反や通貨偽造も担当

「捜査二課」の担当する知能犯とは、詐欺や通貨偽造、贈収賄といった金銭・経済・企業犯罪のこと。さらには選挙違反も捜査二課の担当になります。いまだに世間を賑わせている振り込め詐欺などの特殊詐欺を担当するのも捜査二課です。

捜査二課が扱う知能犯とほかの刑事犯との大きな違いは、犯罪が綿密な計画に基づいて行われる点にあります。その犯罪計画の中には、犯行が発覚した時の対処法も盛り込まれているケースがほとんどです。

例えば振り込め詐欺の場合、電話をかける「かけ子」、口座から現金を引き出す「出し子」、現金を受け取る「受け子」と呼ばれる役目の上に、ピラミッド式で指示を与えたり計画を練る上部の人間が存在。末端の人間を逮捕しても、完全な事件の解決には結びつきません。


捜査二課には緻密な捜査が求められる

捜査二課が担当している、そのほかの詐欺においても同様です。一様に組織的に行動するため、尻尾を掴むことのできる相手は限られます。贈賄や選挙違反にもいえることで、上の人間の指示に従ったにもかかわらず証拠が不十分で、ホンボシまで捜査が届かないこともありえるわけです。

このため、捜査二課の刑事には事件の完全な解決のための緻密な捜査が求められます。実行犯を検挙しても、それで一件落着というわけにはいかないわけです。

さらに、詐欺や通貨偽造は日を追うごとに巧妙さが増しています。詐欺では架空請求詐欺や融資保証詐欺、還付金詐欺といった新たな手法が続々と登場。通貨偽造も、最近では高精度のスキャナーとプリンターで、素人でもそれなりのニセ札を作れてしまいます。

これらに対応するためには過去の経験に頼ることはできません。おのずと捜査二課の刑事は、常に新たな知識と情報の取得が必要となるわけです。これが捜査二課が切れ者集団やエリートコースと呼ばれる所以。地道さと緻密さで事件の解決に挑んでいます。

■「捜査二課」おすすめ記事
捜査一課のほかに警察の刑事には何課あるのか?
警視庁捜査一課の刑事だけが付ける赤バッジの意味
警視庁捜査一課になるには?給料はドラマほど派手じゃない
捜査一課はエリートコースでなく本当は二課?公安部外事課?
捜査二課がエリートと呼ばれる理由は知能犯を扱う仕事
捜査四課の刑事が強面な服装や見た目になる理由とは
潜入捜査官が日本警察に実在するのかを実際のOBが語る

■「警察官」おすすめ記事
警察キャリアとノンキャリアの違いとは出世スピード
警察キャリアとノンキャリアの年収格差は警部補から
警察官の退職金は階級が巡査部長か警部補で退官でいくら?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • 事件の捜査情報はどう入手して報道されるのか?
    事件の捜査情報はどう入手して報道されるのか?
  • 殺人や強盗が捜査一課で二課や三課は何を担当?
    殺人や強盗が捜査一課で二課や三課は何を担当?
  • 科学捜査の「ルミノール反応」の意外な盲点とは
    科学捜査の「ルミノール反応」の意外な盲点とは
  • 警察のエリートコース「捜査二課」口が固い理由
    警察のエリートコース「捜査二課」口が固い理由

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次