ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職務質問で逮捕されると警察官の態度が急変する

2015年「大麻所持でミュージシャンの男を逮捕」という全国ニュースが流れました。ラジオ番組のコメンテーターとしてもおなじみだった高野政所氏は、職務質問をきっかけに逮捕。事件をきっかけにすべてを失うことになります。職務質問から逮捕、拘留までの体験を語ってもらいました。


スポンサーリンク
職務質問で逮捕されると警察官の態度が急変する

職務質問されて持ち物検査に応じた

2015年の3月初旬でした。夜中に仕事が終わって、東京・渋谷の自分の店(クラブ)から原付きバイクに乗って帰ろうとした時に警察官に止められました。職務質問です。

こんなナリ(見た目)して、それまでほとんど職務質問をされたことが無かったのですが、その日はたまたま職務質問されました。「ちょっと持ち物検査いいですか?」と言われ、応じたんです。

大麻を持っていることを完全に忘れていて、途中から「ヤバイ…」と思ったんですが。「これは何ですか?」「大麻です」「間違いありませんか?」「間違いありません」と、言い訳のしようもありません。

職務質問とは警察官の態度が変わる

そして、逮捕された瞬間に警察官の態度も職務質問とは変わりました。ああ、これが逮捕かってその時に感じましたね。敬語から急に命令口調に変わって「オイ、パトカーに乗れ」「靴下を脱げ」と、一般市民から転げ落ちた瞬間です。

その後は、すぐに留置場に入れられました。“ヨンパチ”と言われる48時間の取り調べが始まるわけです。その48時間で、夢であってほしいって思うくらいすごく反省しました。

携帯電話など持ち物を全部取り上げられ、お尻の穴まで身体検査され、ドブネズミ色のスウェットとジャージに着替えさせられればもう、人権なんて無くなったようなもんです。聞いたところによると、留置場が1番ハードだとか。

本来は、刑が確定するまでのあくまで容疑者の勾留場所のはずなのに、日本ではここでかなり反省させるようです。ガタイの良い警察官が威圧的だったり、差別的だったり…。で、僕は“39番”と呼ばれ、広さ8畳くらいで顔とか丸見えのトイレだけが付いた部屋に他3人の被留置者と23日間過ごしました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事