ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反の青キップと赤キップは何が違う?

スピード違反の取り締まりは有人式と無人式の2種類。有人式なら現場で直ちに違反キップを切られますが、無人式は後で呼び出して違反キップを切るスタイルです。ここで注意したいのが、違反キップに赤キップと青キップが存在すること。スピード違反の赤キップと青キップは何が違うのでしょう?


スポンサーリンク
スピード違反の青キップと赤キップは何が違う?

スピード違反の青キップと赤キップ

そもそも「違反キップを切る」というのは、取り締まりに使う書類が5枚くらいで1綴りになっていて、その1枚目をピッと外して違反者に交付するところからきています。

そして、その1枚目の書類はスピード違反の場合、一般道なら超過速度が30km/h未満、高速道では40km/h未満だと青色、一般道で30km/h以上、高速道で40km/h以上だと赤色です。それぞれを青キップ、赤キップといいます。

交通違反のうち軽いものを「反則行為」と呼び、通告に従い一定期間中に納付書に書かれた所定の金額(反則金)を納付すれば終了。この納付書と一緒に渡される「交通反則告知書」が青キップというわけです。

スピード違反の赤キップは一発免停

一方、反則行為に収まらない違反点数6点以上の重い違反を「非反則行為」と呼びます。その時に渡される用紙が赤キップ。正式名称は「交通切符告知票」。赤キップは前科が付き、刑事罰である罰金などになります。

スピード違反の違反点数は赤キップだと6点、一般道でも高速道でも超過50km/h以上は12点です。処分歴0回の運転者でも6点なら免許停止は30日、12点なら90日となります。すなわち、赤キップは一発で免許停止処分になるわけです。

赤キップの場合は後日、いわゆる交通裁判所に呼び出されます。とくに不服がなければ略式の裁判により、すぐに「罰金」を払って終了。略式は法廷を開きません。待合室で待っているうちに呼ばれ、徴収の窓口で罰金を払うことになります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事