ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

運転免許の点数が交通違反では減点されない理由

交通違反をすると運転免許の点数が「減点される」と思っている人が多いはず。しかし、交通違反をしても運転免許の点数が減点されることはありません。というのも、運転免許に持ち点があるわけではなく、違反に応じてゼロから点数が累積していくだけ。しかも、運転免許の点数はリセットされるのです。


スポンサーリンク
運転免許の点数が交通違反では減点されない理由

運転免許の点数はリセットされる

そもそも運転免許の点数は、免許停止や免許取消などの行政処分を行うための制度です。行政処分は、交通事故や交通違反を繰り返す危険性の高いドライバーを排除しようというもの。交通事故を未然に防止しようというわけです。

この運転免許の点数は減点方式ではなく累積方式。運転免許を取得したときはゼロ点からスタートします。そして、交通違反の種類によって点数が累積されていくというわけです。

しかも、この運転免許の点数はリセットされるもの。最後の違反から1年間を無事故・無違反で過ごすと、累積点数はゼロにリセットされるのです。ただし、運転免許の点数としてカウントされなくなるだけなので、処分された事実は残っています。

運転免許の点数は3年間の累積

さらに、運転免許の点数は単純な累積方式ではありません。3年間の違反点数の累積で計算されます。この累積点数と過去の行政処分の前歴により、免許停止と免許取消などの行政処分が下されるのです。

例えば、一般道で時速15km未満の速度超過は1点、30km以上50km未満だと6点が付加されます。運転免許の点数で6点は1つのボーダーライン。前歴がなくても30日の免許停止となります。ただし、同じ6点でも前歴が1回あると免許停止は60日です。

交通違反をすると、運転免許の点数とは別に反則金や罰金を支払うことも忘れてはいけません。交通違反の中でも6点に満たないものは「反則行為」と呼ばれ、青キップが渡されます。行政処分として反則金を支払わなければなりません。

一方、違反点数6点以上は「非反則行為」と呼ばれ、赤キップが渡されます。課せられるのは刑事罰。交通裁判所に呼び出され、多くの場合は罰金を支払います。

■「運転免許」おすすめ記事
運転免許証の12ケタの番号を意味を解読してみた
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった
運転免許証番号を見れば再発行した回数がわかる

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
運転免許の点数が交通違反では減点されない理由
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事