ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流

ループコイル式にレーダー式、そしてHシステムというオービスの歴史の中で、もっとも新しい自動速度取り締まり機が「LHシステム」です。LHシステムは旧型レーダー探知機では発見できないループコイル式。全国的に配備が進むLHシステムについて詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流

LHシステムはループコイルで計測

老朽化したレーダー式オービスやHシステムからの置換や、新設される際に設置されるのが東京航空計器が提供するLHシステムです。

LHシステムという名前の由来は“ループコイル(Loop Coil)式”の“Hシステム”。そのため、ループコイル式オービスと同様に地中に埋設された磁気センサーで車速を測ります。

LHシステムの仕組みは、3.45mの等間隔で道路に埋設されたループコイルを用いて車速を計測。その先に撮影ポイントとしてペイントされている白線で、撮影ユニットが車両を撮影します。

LHシステムとNシステムを見分ける

LHシステムの違反車両の撮影はHシステムと同じように、路上に張り出した支柱に設置された赤外線ストロボとCCDカメラの撮影ユニットで行う仕組みです。

LHシステムの特徴は2つ。1つ目は、赤色灯付きのボックスがあること。2つ目は、赤外線ストロボとCCDカメラの撮影ユニットの数が、車線数を超えないことです。

オービスとよく間違えらるのが、通過車両のナンバープレートを撮影している警察の監視カメラ「Nシステム」。LHシステムとNシステムは、この2点から見分けるとよいでしょう。

■「オービス」おすすめ記事
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
移動式オービスiMはレーダーで車速を計測する
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

■「レーダー探知機」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
レーダー探知機のおすすめを比較テストで選ぶ
レーザー速度取締り対応のレーダー探知機を発見
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事