ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理

どんなに優秀なカーナビが道案内してくれても、ネズミ捕りにかかったらアウト! 貴重な時間とお金をドブに捨てることになってしまいます。そんな時に“転ばぬ先の杖”となるのがGPSレーダー探知機です。オービスはGPSレーダー探知機でないと見つけられません。



スポンサーリンク
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理

GPSレーダー探知機の誕生

レーダー探知機は、読んで字のごとくレーダー波を探知する装置です。違反速度測定用に使われるマイクロ波10.525GHz(Xバンド)を数百m離れた手前で察知し、ドライバーに光やアラーム、音声で注意を促します。

しかし、ループコイル式オービスやLHシステムはレーダーを使いません。そこで、事前にオービスの位置データをレーダー探知機に組み込み、自車がオービスに接近すると警告を発するようにしました。

この時、位置データや自車位置の測位で活躍したのがGPSです。「GPSレーダー探知機」の誕生というわけです。

自動更新するGPSレーダー探知機

GPSレーダー探知機自体は、2001年には発売が開始されています。最初は液晶画面がなく、受信できる衛星の数も少なかったため精度はイマイチでした。

それが今では倍増して計59基の受信が可能になり、ジャイロセンサー類と連係して測位精度が大幅に向上。また、タッチパネル搭載でスマホのようなディスプレイ型モデルのGPSレーダー探知機も普及しています。

取り締まり地点情報の自動更新ができるGPSレーダー探知機もあり、ここ数年で操作性も飛躍的にアップしています。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「GPSレーダー探知機」おすすめ記事
GPSレーダー探知機にはおすすめ機能がいっぱい
レーダー探知機のおすすめを比較テストで選ぶ
セルスター工業AR-252GAは自動更新も可能
ユピテルGWR103sdはGPS測位の精度バツグン
コムテックZERO 800Vはデータ更新が完全無料

■「オービス」おすすめ記事
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
新東名のオービスは門型支柱上に設置されている
新東名のオービスが設置されるポイントとは?
首都高オービス!品川線の遭遇ポイントはココ!!

■「レーダー」おすすめ記事
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事