ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パトカーは同じ車種でも赤色灯の載せ方で大違い

白黒パトカーは「交通取締四輪車」と「無線警ら車」に大別されます。車種としてはトヨタの200系クラウンが主流となっていますが、クルマの中身も乗っている警察官もまったくの別モノです。パトカーは同じ車種でも赤色灯の載せ方で、交通違反の取り締まりも大きく違っているのでした。


スポンサーリンク
パトカーは同じ車種でも赤色灯の載せ方で大違い

210系クラウンのパトカーの違い

なお、最近では210系クラウンのパトカーもよく見られるようになりました。従来まではロイヤルをベースとしていましたが、210系クラウンでは2,500ccまでの設定しかありません。このため「無線警ら車」はロイヤルがベース、「交通取締四輪車」は3,000cc以上の設定のあるアスリートがベース。外観に違いがあります。

200系クラウンの「交通取締四輪車」は交通違反の取り締まりを専門とするため、3,000ccのハイパワーモデルで中身も違っています。250馬力オーバーの加速で接近・追尾されると、夜間は白黒パトカーでも発見が遅れるほどです。

一方の200系クラウンの「無線警ら車」のエンジンは廉価版とはいえ2,500ccあるので加速はします。しかし乗員に追尾・スピード測定の技量がないため、追尾式のスピード取り締まりはあまり得意ではありません。その分、信号無視や進行方向別通行区分違反などの現認系の交通違反のほか、職務質問などに力を発揮します。

パトカーを見分ける赤色灯の載せ方

そんな中身がまったく違うパトカーを見分ける方法が赤色灯の載せ方です。「交通取締四輪車」は、空力特性やトップヘビーの重量バランスを考えてか、散光式赤色灯はルーフに直接載っています。

後方からの視認性を考慮していないのは、交通パトカーは違反車を安全な場所へ誘導して停車させるため。高速道路ではパーキングエリアなどへ引き込んでキップ処理をします。

一方の「無線警ら車」の象徴は赤色灯の下にある白いボックス。ここには赤色灯昇降装置のアームが収納されています。これは停車中のパトカーへの追突事故防止が目的。赤色灯を高く上げて遠方からの視認性を高めています。警らパトカーは不審者への職務質問の際など、路上に停車することが多いためです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事