ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マル暴刑事がコワモテ風の服を着て使う警察用語

警視庁組織犯罪対策第4課はヤクザと対峙する通称・マル暴刑事のこと。組対4課は2003年に発足した組織犯罪対策部の中でも、広域暴力団対策に取り組みます。前身は刑事部捜査4課で、柔道や空手の有段者といったバリバリの武闘派が集うのです。そんなマル暴刑事がコワモテ風の服を着て使う警察用語を見ていきましょう。


スポンサーリンク
マル暴刑事のファッションがコワモテになる理由

マル暴刑事がひいきにしている鞄屋

マル暴刑事は、一見するとどちらが暴力団員か?と見紛うほどコワモテ揃いなのも特徴。なぜ、マル暴刑事はヤクザとファッションが似てくるのでしょうか。退官まで30年以上、警視庁組織犯罪対策部で捜査4課畑を歩んだ元警部は言います。

「今では半グレや企業に入り込むビジネスマン風のヤクザなど、一般人と区別が付きません。マル暴刑事もコテコテな見た目の者はだいぶ減りましたが、やはりナメられないように“ビッ”とするようには心がけています」とのことです。

「東京・浅草には、ヤクザ者とマル暴刑事がひいきにしている鞄屋が何軒かあります。そこに行くのは理由があり、どこの組の者が来たとか情報を得るため。客として革の鞄などを特注して、店主と関係を築いていくんです」と話します。

「ヤツらに服装でナメられないように、こだわりのアイテムを持つように心がけていました。なので、ライターでも100円の使い捨てなんて絶対に持てません。オイルライターが基本です」といいます。

マル暴刑事は独特の警察用語を使う

「我々はヤクザ者みたいに10万~20万円もするビラ(背広)は買えませんが、高くなくてもビッと着こなせばそれなりに見えるもんです。若い捜査員にも、徹底指導しましたね」とのこと。マル暴刑事の服装や趣味には理由があるのでした。

マル暴刑事は服装だけでなく、独特の警察用語を使っています。例えば、ヤクザを表す警察用語だけでも「看板背負っている」「スミ背負っている」「ゲソつけてる」「スジモン」など多様にあるのです。

主なマル暴刑事の警察用語としては「刺青」が銃撃事件の火薬の飛散痕、「エンコ詰めてる」は暴力団を辞めていることを意味します。「踊る」は暴れること、「親・チャカ」は鉄砲、「子・ギョク」が弾丸です。

このほか、「Z号」が暴力団関係者照会。「マルB・マルG」は暴力団関係者、「面ぐれ」は顔を知っていることを意味します。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事