ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

小型オービス対応の最新レーダー探知機を比較

大手レーダー探知機メーカーである「コムテック」と「ユピテル」の最新モデル2機種を取り上げて比較してみました。日々変化する交通取り締りにいち早く対応する、両社の最新レーダー探知機の実力を検証します。特に従来のレーダー式とは違う周波数帯を使う小型オービスへの対応が気になるところです。


スポンサーリンク
小型オービス対応の最新レーダー探知機を比較

静電タッチパネルのレーダー探知機

コムテックのレーダー探知機「ZERO 805V」は、2017年モデル「ZERO 803V」をベースに操作系を刷新。803Vではモーションセンサーやタッチスイッチなどで操作していましたが、805Vでは新たに静電タッチパネルを採用しています。

GNSSにはガリレオが加わり測位精度が向上しました。また、取り締まり情報を共有できるユーザー投稿機能を新たに搭載。取り締まり情報アプリに対抗すべくオプションの無線LAN内蔵SDHCカードを使うことで、ユーザーによって投稿されたポイントが共有できます。

805Vの取り締まり・検問データは60,000件以上。モニターは4.0インチで、サイズ/重さは109.5W×64H×19.8Dmm/約132gです。実勢価格は32,184円となっています。

一方、ユピテルのレーダー探知機「SUPER CAT A330」は、ユピテル独自の実写警報に加えて、動くCGによるアラートを搭載。従来からある写真に加えて、CGアニメの警報画面を採用しました。警報の文字サイズも従来比1.5倍になっています。

移動式の小型オービスの1つがSWSS

ユピテル独自のフルマップ待ち受け画面はそのままに、時計やOBDⅡの情報を表示する10種の待ち受け画面が選択可能です。新たにガリレオとみちびきに対応し、さらにデータには標高データを採用したことで、より的確な警報が出せるようになっています。また、オプションで安全運転支援機器との連動も可能です。

A330の取り締まり・検問データは54,000件以上。モニターは3.6インチで、サイズ/重さは106W×60H×17Dmm/約125gです。実勢価格は32,480円となっています。

さて、移動式の小型オービスの1つ、定置式として導入されたのがセンシス社製の「SWSS(SpeedWarning Safety System)」です。2016年3月に、埼玉県北本市と岐阜県大垣市に設置されました。


スポンサーリンク

レーダー探知機が新周波数をW受信

SWSSは従来のレーダー式オービスや取り締まり機とは違う周波数帯を使っているため、従来のレーダー探知機では反応しません。そのため、805VとA330ではGPSに加えて、実際にSWSSが出す新しい周波数帯の電波を検知して反応する“W受信”機能を搭載しています。

なお、北本市のSWSSは2018年2月に恐らく放火が原因と思われるトラブルで故障。現在は黒いカバーでグルグル巻きにされて、無残な姿をさらしています。そこで、SWSSでGPS警報をオン/オフにしてその反応をテストしてみました。

両機とも地図データにはSWSSの位置が登録されているため、それぞれ「移動式小型オービス(805V)」「小型オービス(A330)」として反応しました。警報画面にもSWSSが表示されています。

GPS警報をオフにすると、805Vは無反応。A330はレーダー式取り締まりとして反応していました。おそらくオービス以外の電波によるものと思われます。

■「オービス」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。