ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通取締り危険度が高い白黒パトカーを見分ける

白黒パトカーには大きく2タイプあります。「交通パトカー」と「警らパトカー」です。交通パトカーが交通取り締まりを任務としている一方、警らパトカーは街中を巡回して不審な人や物を見つけて捜査するのが任務。交通違反の取り締まり危険度の高い交通パトカーを見分ける方法を見ていきましょう。


スポンサーリンク
交通取締りが専門の白黒パトカーを見分ける方法

200系の白黒パトカーはハイパワー

交通機動隊は警視庁や各都道府県の交通部にある部署で、通称「交機」と呼ばれています。交通取り締まりを専門としていて、パトカーや白バイを使って主に幹線道路での取り締まりを行っているのです。

そんな交通機動隊は、街中を巡回する警らパトカーとは違って交通パトカーを使用しています。もっともよく見かける200系クラウンの白黒パトカーは、どちらもロイヤルベースでほぼ同じ。外観上の違いは赤色灯の乗せ方です。

交通パトカーは空力特性やトップヘビーの重量バランスを考えてか、散光式赤色灯はルーフに直接載っています。一方の警らパトカーは、赤色灯昇降装置が収納されている白いボックス付きの赤色灯です。

210系の白黒パトカーはアスリート

そして、同じロイヤルベースでも、警らパトカーは2,500ccの廉価版で、交通パトカーが3,000ccのハイパワーモデル。250馬力オーバーの加速で接近されて、追尾式のスピード取り締まりの餌食となってしまいます。

最新の210系クラウンの白黒パトカーに関しては、外観にもっと大きな違いがあります。警らパトカーが2,500ccモデルのロイヤルベースであるのに対して、交通パトカーはアスリートをベースにした3,500ccのエンジンを搭載しているのです。

このため、赤色灯の乗せ方だけでなく、パトカーの顔つき自体もまったく違っています。加えて、交通パトカーの前面警光灯の取り付け位置が、覆面パトカーと同じフロントグリル内になっているのです。

■「パトカー」おすすめ記事
交通機動隊と自動警ら隊のパトカーは何が違う?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
パトカーは自動車警ら隊と所轄で違っている
覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事