ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察の科捜研は覚せい剤をどうやって鑑定する?

芸能人などによる覚せい剤に関連する事件が後を絶ちません。そんな中、報道でよく目にするのが警察によって覚せい剤が検出されたというもの。警察の科捜研による違法薬物分析力はどこまで正確なのでしょうか? 元埼玉県警科捜研職員で現、法科学研究センターの所長である雨宮正欣氏に聞きました。


スポンサーリンク
警察の科捜研で覚せい剤をどうやって鑑定する?

科捜研による覚せい剤分析は2通り

警察の科捜研で覚せい剤を鑑定する時、どのような方法で行っているのでしょう。「まず違法な薬物に試薬を垂らして色に変化が現れたらクロというような試験をイメージされるでしょうが、違います」と話します。

「それは現場の鑑識レベルで行う簡易的な分析で、科捜研ではより精密に成分分析を行うのです。覚せい剤分析には、使用前の粉末状の場合と使用後の尿を分析する場合の2通りがあります。押収された粉末を分析するには『FT-IR』(フーリエ変換赤外分光法)という方法を取ります」といいます。

これは「物質に当てた赤外線の吸収パターンが、覚せい剤と似た特徴を示すかを見るものです。また、尿検査の分析は『GC-MS』(ガスクロマトグラフ質量分析)という方法。尿などの代謝物から成分を分離して、質量パターンから化合物を特定(同定)します」とのことです。

「覚せい剤というのは、2種類の化合物しかありません。メタンフェタミンとアンフェタミンです。覚せい剤が検出されたというと、この2種類のどちらかが出たということ。そして、日本の覚せい剤の99.9%がメタンフェタミンです」といいます。

科捜研で覚せい剤の陽性反応が出た

「メタンフェタミン使用者の尿からアンフェタミンも検出されます。ただし、風邪薬やサプリから覚せい剤反応が出ることはありません。唯一、パーキンソン病治療の薬を飲んだ患者の尿からもメタンフェタミンが検出される例がありますが、これは処方薬で記録も残るため、普通は所持できません」とのことです。

そして、警察の科捜研で覚せい剤の陽性反応が出たということは「ほぼ間違いないでしょう。これは、大麻など他の違法薬物についても言えます。科学分析の目からは逃れられないのです」といいます。

覚せい剤の陽性反応は、使用してからどれくらいで出るのでしょう。「尿検査での反応は使用後、数分くらいで。期間は人によりますが、大体1~2週間は成分が検出されます。3日以内なら必ず出ますね」とのことです。

「なお、尿からはすぐに排出されますが、覚せい剤の特徴として強い精神依存があります。いくら体から排出されてもクスリが切れた時のツラさから逃れるために、また手を出してしまう人が多いのです。覚せい剤はあくまで“元気の前借り”をしているだけ。それを肝に銘じましょう」と話してくれました。

■「科捜研」おすすめ記事
科捜研の研究員にも警察官と同じ階級が存在する
科学捜査は鑑識と科捜研とで役割が違っている

■「鑑識」おすすめ記事
鑑識の仕事!立場は捜査一課の刑事と同じだった
警察犬が所属するのは鑑識課だって知ってた?

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事